Tweet

春のうた



 春のうた  

      

 ほっ まぶしいな。
 ほっ うれしいな。

 みずは つるつる。
 かぜは そよそよ。

 ケルルン クック。

 ああ いいにおいだ。

 ケルルン クック。

 ほっ いぬのふぐりがさいている。
 ほっ おおきなくもがうごいてくる。

  ケルルン クック。

  ケルルン クック。

                 草野 心平



小学校の頃、三つくらいこういうのを暗記させられましたっけ。
海雀 海雀 銀の点々 海雀 (北原白秋)とか。

自分が覚えた次の年には弟がまた同じく唱え続け、
更に翌々年にはまた下の弟が唱え続けたので、四十間近になってもまだ覚えてます。

が、肝心の「けるるんくっく」と鳴くカエルにも、  銀の点々の合間を飛ぶ海雀にも、
まだ出会えてないような。

先生てば、そういう観察スポットとかも教えといてくれないとー。


てなことでさあ姐さん、ガク、
とりあえずけるるんくっくを探しにいくよ。
b0003512_9564314.jpg

って、お互いしか見えとらんようで;;;

この二人はいつだって春だねえ~^^;



人気ブログランキング・写真カテゴリーに、
肉球スタンプを刻んでくださる方はコチラまで。

いつも一手間・一押し、ありがとうです~(感謝)

いつでも里親募集中
また小猫が捨てられる悲しい季節がやってまいりました。。。
一匹でも寒空と飢えから救ってやりたいとこですが、
私には室内三匹が限界・・・不甲斐ないです・・・
どなたか余裕がありましたら、家族にしてやってくださいまし。。。
ライフボート友の会~手を伸ばせば救えるいのちがある~

by hiroko_wada | 2009-03-02 10:02 | 猫猫猫犬 | Trackback | Comments(18)

トラックバックURL : http://nekoaku.exblog.jp/tb/10429515
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by nekonokiki2 at 2009-03-02 11:40 x
ありましたねぇ。

「けるるんくっく」

私は「クラムボンは笑ったよ かぷかぷ笑ったよ」(だったかな・・・・)
に子供心に「どんな笑い方やねん」と突っ込みを入れていたのを思い出します。
宮沢賢治は大好きですが、当時は誰が書いたかなんて知りもしませんし、中身もよく分かりませんでしたからねぇ。
今なら分かるんかいと突っ込まれたらどうしよう・・・・・。

Commented by pyon at 2009-03-02 12:18 x
蛙詩人・草野さん。久しぶりに読みたくなりました。
クラムボンは未だに謎です。クラスでは「ぷかぷか」と勘違いして
そっちが定着してしまい、こんがらがった覚えが。

暗唱…きっとやってる。
忘れたのは詩の内容じゃなくて何の詩を暗唱したか。
…まずいなぁ…。
Commented by sora at 2009-03-02 12:59 x
この詩、いいですね、知りませんでした。
ねこのあくびさんが詠っているのかと思いスクロールダウンーー。!
犬も猫も ケルルンクックを探しに行っているように見えます^^
Commented by みつばち at 2009-03-02 18:30 x
子供の頃暗証させられたものって、けして忘れませんねえ。どうしてなんでしょう。
あの時の脳みそ!! (←NON STYLEのアクションでお願いします)

草野心平さんは、私の実家から車で20~30分程の、いわき市は現小川町の出身でいらっしゃるのですが、
もう10年以上前に帰省した際、姉と子連れドライブでふらふらと寂れに寂れた田舎である小川町(ごめんなさい小川町!!)のダムへと走っていたところ、突如「草野心平記念館」なるものが現れ、姉と共に「あたしら子供の時は、こんな扱いされるような知名度なかったよねえぇ…」と頷き合ったものでした。

hirokoさんがいかに私よりお若いとはいえ、(でも失礼ながら、どうも同じジェネレーションの匂いがするのですが…;;;) 出身地でも暗誦させられなかった詩を遠く大分でhirokoさんが覚えていてくださった事、なぜかお礼を言わなければならない気分です。
不届きな地元出身者である私に草野氏が乗り移ったのでしょうか。

今度帰ったら行きます記念館。(^^;)
Commented by niwaka at 2009-03-02 20:24 x
春の日差しの中疾走する姐さんとガク爺・・・
なんともステキなツーショットですねぇ!

ウチの小学校でも暗記させられたのかなぁ・・・
この草野心平さんの詩を読んだのは
オトナになってからだったような気がするんですよね。

小学校の頃・・・あんまり記憶がありません。
小学校に入る前、市内に買い物に行く時に乗った
列車(!)の車両番号はいまだに覚えてるんですけど。
Commented by terusuke_e at 2009-03-02 20:48 x
んっふふ~。^^
ガク爺がすごく嬉しそうな顔してますね~。
こっちまでうれしくなっちゃいますよ。

もう、春っ春っ。
(こちらもお山が黒くなり始めましたぁ。煤が飛びまくってます~。)
Commented by tubana at 2009-03-03 06:33 x
姐さんにガクちゃん いつだって春のふたりづれ・・・・・

たまりません  いつまでも眺めていたい 二人連れです

我が家のお姉ちゃん 脱走した暁にはブルブル震えが止まりません
Commented by かおり at 2009-03-03 18:47 x
数十年ぶり!?で思い出しました(笑)
懐かしいです。
そしてこの詩が大好きでした!

けるるんくっく。

こんな風に鳴くかえるちゃんに出会いたいです♪
かえるちゃんも大好きだから黄緑色も大好きなのかなぁ。

眩しい新緑を目を細めて眺めたいです。
Commented by mi-na at 2009-03-04 17:42 x
なんだか、写真を見て涙出そうなんです。
なんでしょう~この精一杯生きてる感じは。
命ですね。
もうダメだ。泣けちゃいます。

リンクさせていただいてよろしいでしょうか~?
Commented by hiroko_wada at 2009-03-05 08:40
*nekonokiki2さん
ああ!「かぷかぷ」は私も突っ込んでました。
「耳は大丈夫か?」とも(笑)
Commented by hiroko_wada at 2009-03-05 08:42
*pyonさん
「かぷかぷ」でも「ぷかぷか」でも笑いにくいわい(笑)

暗唱やってますよ・・・きっと・・・
高校では徒然草だとかなんとかを一章まるまるとか・・・
いまだに唱えられますが、書けといわれたら漢字が出てこん;;;
Commented by hiroko_wada at 2009-03-05 08:44
*soraさん
ほんの数年のことだったんでしょうか、教科書への記載。
うちの旦那も覚えがないらしいのです。
あいつめ、上手い事苦手分野をかわしたな(笑)
Commented by hiroko_wada at 2009-03-05 08:49
*みつばちさん
うひゃひゃひゃひゃっ♪
やっちゃったじゃないすか、「あの時の脳味噌!!」(笑)


なんちゃら記念館というのは、地元ほど行かないですよね。
私も双葉山記念館だとかには入ったこともないです。
市税投入して公園整備までしたようですが、いつだって駐車場はガラーン。
道路にシリ向けて建てられた銅像だけは、毎日「今日もいいシリしてやがるぜっ。」と愛でさせていただいてますが(笑)
でも草野さんのとこなら私も入って見たいようー。
Commented by hiroko_wada at 2009-03-05 08:52
*niwakaさん
うちの旦那は覚えがないようなので、もしかしたら私以降かもですねえ。

あ、私も高校卒業するまでの記憶があまりないのですよー。
よく人の顔を忘れていて、あちこちでどつきまわされるはめに陥ります(涙
名前を覚えてたら顔が覚えられず、顔を覚えてたら名前が出てこないんです~(涙涙涙
Commented by hiroko_wada at 2009-03-05 08:53
* terusuke_eさん
おっ、野焼き始まりましたか!
一回阿蘇のもみてみたいなあー。

ところでお具合の方は大丈夫なんですかい?
無理しちゃいかんですようー。
Commented by hiroko_wada at 2009-03-05 08:57
*tubanaさん
何がどうしてこうも仲良しなんでしょうねえ・・・。

>ブルブル
実は雷火がそうなのです。
先日脱走したのですが、狭い犬走りを右に左に猛スピードで往復するのみで、柵を越えるということまで頭が回らず御用となりました。
全くもうー(笑)
Commented by hiroko_wada at 2009-03-05 08:59
*かおりさん
>けるるんくっく
かじかカエルの鳴き声か?とも思いましたが、どうなんでしょうねー。

>黄緑
ふふふふふ。
私もです。
何故か惹かれるんですよね、黄緑。
やっぱアマガエル色だからか。

>新緑
おけっ。
いくらでも在庫ありです(笑)
お待ちアレ^^
Commented by hiroko_wada at 2009-03-05 09:03
*mi-na さん
ああああ;;;泣かない泣かない~;;;
にゃろうもわんこも、私らの何分の一かしか生きられませんからのう。
ガク爺ももう十二歳です。
少し食欲も落ちてきております。
私が見て分かる老い、姐さんにはもっと感じられているかと。
出来うる限り、楽しい時間を過ごさせてやりたいっすねえ。。。

あ、リンクありがとうです~!

<< ミツバツツジ 梅にめじろん >>