Tweet

風 渡る

大分県竹田市 荻岳展望台。
b0003512_1953040.jpg

日々溜めこんでしまった澱を吹っ飛ばすには、最高のロケーションと風です。










b0003512_1955280.jpg

腕を広げたら飛べそうな。
(ムササビか、おまへは・・・)



人気ブログランキング・写真カテゴリーに、
肉球スタンプを刻んでくださる方はコチラまで。

いつも一手間・一押し、ありがとうです~(感謝)

いつでも里親募集中

ライフボート友の会~手を伸ばせば救えるいのちがある~

by hiroko_wada | 2009-10-16 19:16 | 立ち止まらせる風景 | Trackback | Comments(17)

トラックバックURL : http://nekoaku.exblog.jp/tb/12142734
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by えゐち at 2009-10-16 19:50 x
んー!伸びしたくなるね~♪
(>∇<)
Commented by taco-poo at 2009-10-16 20:17
おぉぉ~、羽のような雲だ!
澱んだものを、風と一緒に空の彼方へ吹き飛ばしてくれましたね♪
Commented by io at 2009-10-16 20:46 x
とりじゃないんですね。(笑

わたしもこの頃、浮力が。。。

バルーン系の。。。
Commented by nekonokiki2 at 2009-10-16 20:47 x
ムササビになってみたい。

でも私は高所恐怖症でした・・・・・
Commented by ちょこ at 2009-10-17 08:45 x
hirokoさ~ん♪
本当に、癒されます♪
体は重いのですが、心だけは
どこまでも、飛んで行きます~♪
Commented by 英語勉強中 at 2009-10-17 12:04 x
すすきがいい感じですね。
秋を感じることができて気分がよくなりました。
ありがとうございます。
Commented by momokiki at 2009-10-17 18:18 x
あぁぁぁぁ。どっか行きた~い!!
と大きな声で叫びたい・・・。
龍が空へ昇っていくような空。

明日は、天気も良さそうだし、出かけてみようっと。
Commented by ビビの助 at 2009-10-18 01:39 x
一度でいいから
こんなきれいな写真を撮ってみたい・・・・。
神様って不公平だよなぁ(≧∇≦)
Commented by hiroko_wada at 2009-10-20 17:31
えゐち殿

そう、そのまま腕を広げて、ふわーっと(笑
Commented by hiroko_wada at 2009-10-20 17:32
たこぷーさん

穂が開いたらきっともっと綺麗かろうと、また機会を狙っております。
次こそはムササビにっ。
Commented by hiroko_wada at 2009-10-20 17:33
ioさん

はっ!?バルーン!?
そういえばそろそろですね、いけるかなー。
Commented by hiroko_wada at 2009-10-20 17:34
nekonokiki2さん
なんと、そおでしたか。
そりゃー今度九重に行ったらつり橋に連れてかないとっ(オニ
Commented by hiroko_wada at 2009-10-20 17:35
ちょこさん

風の音と草のざわめきも入ればいいのにねえ・・・。
枯れ草の香りも届けたいよう~。
Commented by hiroko_wada at 2009-10-20 17:37
英語勉強中さん

お名前がまぶしくてなりません、後光がっ ><
おべんきょがんばってくださいっ。
Commented by hiroko_wada at 2009-10-20 17:38
momokikiさん
叫んでくらはい、ここでならイノシシ出て助け呼んでもどこにも届かなさそうです(笑

で、いいお出かけはでけましたかい?
Commented by hiroko_wada at 2009-10-20 17:42
ビビの助さん

なにゆっておられますやら^^;
肉まんの写真に釘付けにしておいてっ(ジュルルー
Commented by t_kiyo at 2009-10-21 23:42 x
私は夕日を追いかけて探し当てた地、2度ほど行きました。
夕日の時間帯は、阿蘇方面に山の端のきれいなグラデーションが見れます。
そうなると、お戻りはかなり遅くなりますね

カメレスでした。

<< 八代花火競技大会 2009 居場所が無い・・・ >>