Tweet

ガク爺危機一髪




昨日の夕方、掃除機を引きずって縁側に向かい、
何気なく庭に居るガク爺の方を見た瞬間、妖怪アンテナ発動。


ええ??? なんだ!?


特別具合が悪そうな様子は無い。
こっちの方を向いて、ただぼーっと立ってるだけ。
ガク爺に変調は無い・・・なら一体何が???



掃除機を置いて、サッシをあけて周囲を見回すも何も無い。
でも妖怪アンテナはふり幅MAX。

焦りながらもう一度ガクの近くに目を戻したとき、
ガクのすぐ右手にあるフェンスに、何か小さな緑の点が。


何?
イモムシ?? 
カエル様かな???


と、注意がそこに向いたとき、
フェンスの向こう、玄関ステップの陰にいる敵からの視線に気づきました・・・。



暗褐色に浮かぶ、くすんだ赤と黒の模様・・・
あごの下のレモンイエロー・・・
ハブの10倍、マムシの3倍の毒をもつ・・・

ヤマカガシ・・・



やっとそれを視認した時、ぐうっと頭を縮めたのが見え、
「ガク下がれっ!!!」と叫んだ声に一拍遅れて、とんでもなく大きな体がステップからガクへ。

目が見えないのでヘビとは分からんのでしょうが、声で状況を察して逃げてくれた為、
一発目はかわせたガク。

気が納まったら出て行くかもしれない・・・
でも、これだけ攻撃性の高いやつを周囲に野放しにはできない。
お隣は小さい子がいるし、ガク爺も目が見えないからいつやられるかも分からない。
暗くなってからフラフラで帰ってくるoiさんなんて、アッサリ踏んづけてコロリと逝きそう;;;





よし・・・仕方ない・・・
可哀想だがヌッコロス。





玄関前に奴が居るため、テラスから出るしかない。
目を離したらすぐに移動してしまうので、雷坊と芹を呼んで見張りにし、
ガクを安全圏に確保して、私的伝説の武器を取りに車庫へ走り、ヤマカガシの元へ。




最初っからやる気満々の最大級ヤマカガシとやりあったのは、初めてだなあ。。。


正面からの攻撃で2mも飛んでくるわ、毒液は吐くわ、
一撃目で頭を半分やられているのに、放せばまた攻撃態勢に入ろうとする。

早く楽にしてやりたい気持ちと、気を抜けばこちらがやられる緊張と、
もー大変な一時間半でございました。。。



ハヒー;;;
b0003512_1815751.jpg

ガク無事でよかった;;;











が・・・・・












そこで終わりではなかった(T▽T)




疲れ果ててるけど、ヤツが吐いた毒液とか血とかを流さないと・・・と、
車庫前にホースを取りに行ったら、また妖怪アンテナ発動。



今度はなんだあああああああ;;;
と硬直しつつ、中腰でホースをつかんだまま、じーーーっと周囲に目を凝らすと・・・・



顔の50cm先、オオデマリの枝の中に、チラチラと動く細い小さな黒いもの。



・・・・舌?



うん・・・舌だよ;;;



って,ヤマカガシの舌ああぁぁぁああああぁぁぁああああ!!!




・・・・・もう一戦、闘い抜く体力がナイ(T▽T)




仕方が無いので、床に吹き付けるタイプの駆除剤をテラスの入り口とオオデマリに吹きつけ、
庭に入ってこないように線引きをし、喉がカラカラだったので一旦室内へ。

室内からテラスのベンチに出て、上からそーっと動向を覗くと、もういない。
やったっ、出て行ったか!?と思った瞬間、芹が横で「むーーーー!!!」と一声。

視線は私の足元、乗っているテラスのベンチの下。
すごい速さで通過し、ドッグランの方へ(涙




一匹目に比べて若く、体長も1m程。
でも毒を持っていることに変わりはない。

仕方なく会社に居るoiさんに協力を仰ぎ、ちょっとだけ抜けて来てもらうことに。

五分後、農道をママチャリかっ飛ばして帰ってくるoiさんが見え、
それと同時に、隠れていたヤマカガシも動き出し、第二ラウンド開始;;;


と、そこでoiさんが車庫から新たに伝説の武器を持ってきたのに気づく。



さすが「伝説の武器・防具がよく分かる本」とか読んでるだけある。
あれはあれで、なんかの役に立つものなんだなあ。



と、感心しかけてよくよく獲物を見てみると・・・





伸縮ワイパーとデッキブラシのブラシ無し柄のみ。








何の役に立つんじゃ、それ・・・(T T) 






頼る人を間違ったか;;; と思いつつ、さっき使った私のオススメ伝説の武器を渡し、
デッキブラシの柄で反対側から牽制。


が、靴脱ぎ石の隙間に入られ、膠着状態に・・・。


そこでふと、「デッキブラシ貸して。」と何かを思いついたらしいoiさん。
柄だけのデッキブラシを渡すと、クリップになっている先端にカマを挟み、
新たな武器を開発。


刃が薄いカマなら、石の隙間にも入るけれど、近寄ると飛び掛られるので
リーチを稼ぐためにデッキブラシと併用したらしい。


スバラシイ・・・。


ってもしやその発想は・・・
例の本とかに載ってたりした何かだったりするのだろうか;;;





その後、暗くなってしまう前に無事捕り物に成功し、
三時間ぶりに平和が戻って脱力。。。
昨日はほんに、Bad Dayでございましたよ。。。




・・・スマンなヤマカガシ。
でもどうしても居てもらっては困るんだよ。

ガク爺の為なら私は何度でもやる所存。
生きて居たければ、マムシもヤマカガシも、うちに入ってくるでないぞ~。




「伝説の武器・防具がよく分かる本」・・・。
後学の為に、読んでおくか;;;

気が向いたら、お賽銭のニボシ代わりに宜しくです。

イイ子沢山揃ってます。
いつでも里親募集中
救ってやって~。

by hiroko_wada | 2012-06-23 19:37 | 猫猫猫犬 | Trackback | Comments(18)

トラックバックURL : http://nekoaku.exblog.jp/tb/18482186
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by bergkatze at 2012-06-23 20:06 x
伝説の勇者、oiさんはママチャリで登城しておるのですか……(そこかよ?!>自分)
最強の女傑、宇佐番長の面目躍如の死闘でしたな。

冗談はさておき、皆さん無事で良かった…orz へなへな〜〜
ガク爺、もう室内飼いしませう。心配で心配で……
Commented by しゃな at 2012-06-23 20:28 x
いやぁ~~~ 大変でしたね。
ガク爺様、hiroko様ご無事で何より。
芹ちゃん、これからも見張りを続けるんだよぉ。
で、すぐに警告を発するのだ~!!

つか、再び出てきちゃ困るので
大人しく、山の中で過ごしてください。
hirokoさん、oiさん お疲れ様でした。
Commented at 2012-06-23 20:47
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 琴子 at 2012-06-23 21:12 x
ガク先生、また?!
と読み終わるまでドキドキでした
無事でよかったです(ToT)

みなさん お疲れ様でした
(読んでただけのアタシも疲れてしまいました)
Commented by ちゃめ at 2012-06-24 06:10 x
たいへんでしたねー
ここはひとつ重労働も殺生もなく、昔からの言い伝えで蛇をよける方法を…
煙草のヤニを蛇の出そうな場所に塗りつけるのですって 昔から蛇除けには煙草のヤニと言われていますね
臭いがきつくなるでしょうけど、危険と隣り合わせよりもずっといいかもしれませんね
一度試してみて下さい(こっちの方が重労働かも…)
Commented by とらぞー at 2012-06-24 09:31 x
あぁもう…みなさま無事なようでよかった。
読んでてハラハラしちゃいましたよ。

「伝説の武器」ってどんなん?って思ったら
これでしたか~。
笑わせてもらいました。
Commented by シマ at 2012-06-24 12:16 x
ひぃぃ
2mも飛ぶって、どんだけ大きいんですかっ
お疲れ様でしたぁ(TДT)

ガク爺が無事で良かったけど、hirokoさんは、その後大丈夫だったのかな?
それにしても、蛇って噛み付かなくても、毒液を吐けるんですね・・・
知らなかったよぅぅぅ
Commented by ちょる at 2012-06-24 14:44 x
ご家族全員ご無事で良かった。
しかし、あのマニュアルが実践(実戦?)で役立とうとは…。そしてhirokoさんが鬼太郎だったとは…。
Commented by kaezzz at 2012-06-24 16:11 x
ガク爺がご無事で良かったです〜!!
いつも読み逃げばかりでしたが、流石に今回は
ガク爺の無事が嬉しくてコメントです(笑)
超お久しぶりでスミマセン!
自然豊かなのんびりした暮らしぶりに
いつも憧れてましたが、こんな危険も隣り合わせ
いや〜自分の身は自分で守る覚悟が必要ですにゃ!
しかも愛する家族達がいれば尚更ですよね。
危険な奴らもうごめく季節の到来ですが
どうぞ皆様健やかにご無事な毎日を...と祈ってます!
Commented by kurochie at 2012-06-24 16:11 x
こんにちは。
ヤマガカシを毒蛇と認識してなかった学生の頃
飼っていたセキセイインコの鳥かごを縁側に出して日光浴させていたら
蛇が隣から塀を越えてうちの庭に進入してくるのが見えました。
セキセイインコが危ない!!って外に出て傘で追い払おうとしたら
蛇は鎌首もたげて飛び掛って来ました!
恐怖心もあったけど逆にムカついて怒りMAX、
傘を閉じたり開いたりして突いて対抗しました。
蛇も散々口を開けて飛び掛って来ましたが諦めたのか
また塀を越えて戻ってきました。
後でヤマガカシで毒がある蛇だと知りました。
・・・今度やって来たら対応する自信はありません。
hirokoさんお疲れ様でした。
Commented by おちゅ at 2012-06-24 17:09 x
皆さんご無事で何よりです。緊張感続いてる時は平気でも
なくなってしまったらへなへなですよね。
て、ターミネーターかエイリアンさながらの大捕物帳、
お疲れ様でした。
蛇てそんなに飛ぶものなんですか?しかも毒吐きながら
死んでからまだ血も毒も洗わなければなんて、、、きっと
いずこから遣わされた密偵。向こうも相手にとって不足はなかったことでしょう。
やっぱり後学のために読んでおかないとですね。伝説の武器・防具。
Commented by dojou7 at 2012-06-24 19:31 x
私の知っているまむしもやまかかしも人に向かって飛んでくることはないんですね。目が合うとす〜と目をそらして逃げてゆく。

やはりそちらのヘビどもは活発なんですね〜。
大捕物ご苦労様、でもこれからはまむしの季節が、ガク爺きをつけるんだよ〜。

みんな無事でよかったw
Commented by 1682kompeito at 2012-06-25 10:04
はじめまして(^_^)1682kompeitoと申します。
たまたま見つけたこの日記、なんだかただ事でない気迫が
漂っており、つい読み進んでしまいました。

予備知識なく読ませていただいたので、
ガク爺は犬か・・芹は猫かな・・oiさんはご主人かな・・と
自分なりに解釈をしつつ読んでいましたが、
そんなこちらにも、緊迫感がひしひしと伝わってきました。

2メートルも飛んでくる猛毒の蛇との格闘。
わたしには体験もなく、想像するだけですが、すごいですね!

のどかそうな大分の生活の裏には、こういう命がけの
格闘もあるとは・・・逞しさは必須ですね。
Commented by hiroko_wada at 2012-06-25 11:37
*bergkatze さん
ママチャリと歩き併用なのですよ。
家が近いと駐車場の割り当てが無くてねー;;;

*しゃなさん
芹の警告はほんと助りました。
まさか自分の足の下通ってるとは;;;
尻尾の先がちらっと見えて固まりましたよ(^^;)

*鍵dさん
私も今思い出したら冷や汗が;;;
ようあの攻撃全部かわしたわ~;;;

*琴子さん
一撃目、ガク爺全く気づいてなかったので、もうほぼ入ったと思って諦めかけました・・・。
声でかくて助かった・・・危なかった・・・。

*ちゃめさん
あー・・・あれは確かに効くんですが(博物館居た頃は、全館の灰を集めて菖蒲園に撒いてました。)、ガク爺にも宜しくないし、何より誰もタバコ吸わないので量が確保できないのです。
竹酢液とかも試しましたが、全く効かなくてねー;;;
やっぱ戦うしかないのか・・・。
Commented by hiroko_wada at 2012-06-25 11:47
*とらぞーさん
そもそも購入時からして、草取りとは考えてなかった程、武器として使ってますw
あれで草取ったことなんて一度もないw

*シマさん
なんていうかね・・・太さがね・・・缶コーヒーですよ・・・。
あまりに太くて長くて、oiさんドン引きしておりました・・・。

攻撃もえげつないよねえ(T T)

*ちょるさん
ネズミ捕りのオービスや危険時には役に立つんですよ、フフフフフ。
「伝説の武器防具」、oiさんに借りてみました。
今から読もうw

*kaezzz さん
おっ、kaezzzさんだっ♪
以前ガク爺がやられた時をご存知ですもんね・・・。
今のガク爺の体力だったら、きっともたない・・・。

うちの近所は古墳だの竹林だのがあるので、一際多いようでね・・・。
のんびり静かでいいとこですが、こればかりはなー;;;
Commented by hiroko_wada at 2012-06-25 11:54
*kurochieさん
わわわあああぁぁぁ;;;
出会ってしまいましたか、怒りmaxのヤマカガシに;;;
ご無事で何よりです、そして、傘の盾スバラシイ!!!
あれなら噛み付こうにも、さすがのヤツでも180度まで口が開くまいw
次回は武器と防具を装備して挑みたいと思います。
いいアイデアをありがとうございますー!

*おちゅさん
飛ぶんですよ。。。 ヘビなのに。。。
以前から親父に聞いていたんですが、20m走って逃げる間、横を「ザッ!ザッ!」とついて飛んで追ってきたらしいです。
親父の足が遅いだけだろうと思ってましたが、あれはホントだったんだなあと;;;

今回防具が無かったのですが、kurochie↑さんの防具を真似させていただこうかとw
Commented by hiroko_wada at 2012-06-25 12:01
*dojou7 さん
ううううう。。。
そんなおとなしいマムシやヤマカガシに会ったことない我が家です。。。
ちゅーか、この辺多すぎるんですよ、マムシとヤマカガシ;;;
イタチ師匠もキジも、なにやってんだろう;;;

*1682kompeitoさん
ご来訪ありがとうございます!

私もここに住むまで、ヘビがこんなに出るものだとか、こんなに攻撃的だとか思いもよらず;;;
コヤツらさえ制すれば、いいとこなんですけどね^^;
がんばりますw
Commented by マダムすみれ at 2012-06-25 19:14 x
こんばんわ。
いつも読み逃げでごめんなさい・・・
大変でしたね・・・
私んちも、田んぼに囲まれてて、よく・・・
ふつーの、にょろにょろ様がでます。でも、
毒のないにょろにょろ様ですが・・・
怖いので、にょろにょろ様にいつも、田んぼに帰ってね。
って、お願いしてます(笑)

くれぐれも、気を付けてくださいね。

<< oiさん、とうとう一線を越える 水底の森 >>