Tweet

曇りなき眼 その3





毎度おなじみ蜂窩織炎です。


今回たまたまナース友ナルさんが夜勤で居てくれたのと、
前回のことがあった後に、彼女が先生達と掛け合ってくれて、
病院中の人に私がぶっ倒れた時の処置を先生不在でもやってくれるよう
徹底して脅迫して回ってくれたので、すごく早く点滴を打ってもらえました。

しかも夜勤明けでナルさん自身もくたびれているのに、熱が出てても食べれるようにと
(いつもは袋のかき氷しか受け付けない、)山のようにゼリーやスムージーやら買い込んできてくれて、
とにかく休んでいられたので、二日でだいぶ動けるように。

ナルさんありがとう。。。
アナタはほんと、神のようじゃ。。。


が、ナルさんが全力で私を救ってくれている時に、
うちのにゃろうどもときたらですね###
緩衝材に詰まっていた大きな紙を、
一階の部屋中に食いちぎってばら撒いておったのです。


フラフラで点滴から戻ってみたら、暗い部屋の床に何か白っぽいものが散乱し、
下手人と思しきヤツの影が、私の怒りのオーラに気づいてシュッ!と消え・・・

ポツン、と外れた首輪が残っておりました。

なあ風衙、この首輪、誰のだっけ?
b0003512_18055781.jpg
シラナイ。



バッタリ。。。





ちなみに。




私が微妙に倒れかけていたのを知っていた黒riderが、おいさんに連絡をしてくれたんだけども、
「俺の手料理を食わせる」とか不吉なことを言っていたぞwとメッセージが入っていて、
敵は身内にあり・・・としみじみ思う、今日この頃・・・・



深夜に病院に行く際、なぜかエコバッグを持っていて、
更に何故か、何も入ってないコップを握っていることに玄関で気づいた。
しかも駐車場についてなんか重たいなと思ったら、バッグの中にはアイスノン。
高熱はヒトを面白くする・・・・。

コッソリと端っこで参加中。
ワタクシごときへの御心付け、いつもありがとうございます。


野良っちが食いっぱぐれてたら、
拾ってあげられなくても、せめてお接待してあげて~。

いつでも里親募集中

でも、できたら救ってやって~。






by hiroko_wada | 2017-06-09 18:21 | 猫猫猫犬 | Trackback | Comments(11)

トラックバックURL : http://nekoaku.exblog.jp/tb/26914850
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by bergkatze at 2017-06-09 19:11 x
山でイノシシとタイマン張ってる場合じゃありません。
マジで養生してくだされ;;;;
oi さん、手料理はいいから、早よ帰ってきてーーーー
Commented by peke at 2017-06-10 11:17 x
無地で何より !(^^)!
たとえ低空飛行であっても、
無理せずにしっかりと飛び続けてくださいね~

おやびんあっての、にゃろうども

それにしても…
あの姉にして、この弟
TPOなんてなんのその
たまには おやびん を労りんしゃ~い!

Commented by とらぞー at 2017-06-10 11:36 x
しらばっくれるのは、やつらの専売特許なのでしょうか?

>敵は身内にあり
数年前、風邪をひいて寝こんでいる時に
ルーが溶けきっていない、やたらしょっぱいカレーを食べさせられましたわ。
何年たっても、食べ物の恨みは覚えているぞ。
Commented by しゃな at 2017-06-10 13:33 x

高熱でモーローと・・ まさか運転していったんですか
救急車呼びましょうよぉ
こういう時はタクシー代わりに使っても文句は言われないと思うんだけれど
もしくはタクシーで

しかし、風衙君
思う存分 楽しかったろうなぁ(笑
Commented by zao480 at 2017-06-10 23:25
猫のみなさん
悪いことやってるって、わかってないふりをしてるんだか・・・

うちの、普段お利口さんでびびりなきなこも、
帰ったらリビングの床一面に白いものを散らかしていました。
私がいない間にテーブルに上がり、うっかり置いてあった卵を
食べようとしたのか、殻がなくなりボコボコになった卵が1個・・・
そしてそこで寝そべって「背中かいて」とねだる無邪気なきなこ・・・
Commented by anzu-maki at 2017-06-11 03:16
今回は処置がスムーズに行って一安心、と思ったら。
犯にゃんはフーガくんでしたか~。
実は父が先週末からホの字に苦しめられておりまして。
折に触れ伺ってはいましたが、ホントに急激に進行するんですね。
最初ホの字と分からなくて、捻挫とかだろうと思ってたんですが、病院で検査の結果「蜂窩織炎ですね」と診断され、あいつか~!となりました。
左足首が腫れ上がり、歩くことはおろか、立ち上がることもできないくらい痛いそうです。
hirokoさん、毎回こんな激痛に耐えてるのか、と切なくなりました。
おいさんに怪しい手料理を振る舞われる前に回復できますように。
アイスノンは本能的に「冷やさねば」と思った結果なのでしょうね、きっと(^^)
Commented by 藏ゆ at 2017-06-11 11:15 x
おやびんさん、ワタシも運転なさるのはいかがなものかと。。。
慣れておられるとはいえ、すれ違うその車が信じられませぬ。
咄嗟の反射神経を失っている状態での運転とお見受けしましたので
老婆心からのコメントです。
えーえー、そぉーですぅーーー、老婆だからぁーー。

ともあれ、お大事になさってくださいね。
Commented by kuronekoash at 2017-06-11 15:24 x
飲まないのでお近くならばいつでもアッシーできますのに…
タクシー使ってくだされ。

一難去ってまた一難
あ、oiさんの件があるからまたまた一難?

くれぐれもお大事に(o^^o)
Commented by hiroko_wada at 2017-06-13 19:53
*bergkatzeさん
そう、手料理はよせ、それを声を大にしてもっと言って!!!

*pekeさん
地上10cm飛行で戻ってまいりましたっw

紙屑バラマキはもうホント膝から崩れ落ちました・・・
どうにもならずにそのまま寝たら、朝までハッスルしとりましてね・・・
朝起きてご飯やるとき、参加しなかった年寄り三匹には飯を盛り、もくもく組には掃き集めた紙屑をてんこもりにしてやりました。
その時になって初めて怒りの大きさに気づき、普段なら人の皿に顔突っ込んで奪うんですが、うなだれて固まったまま、30分くらい紙屑を見つめて座っておりましたよw

*とらぞーさん
しょっぱいカレーはいかん。
カレーってだけでも辛いのに、しょっぱいとはなにごとだっw
Commented by hiroko_wada at 2017-06-13 20:03
*しゃなさん
救急車は運転できない人のもんなのですっ。
そう、タクシーがちゃんとしてれば私も呼ぶのですが、うちの近所のタクシーは高齢な方が多くて、普段おっそろしい運転に巻き込まれそうになったりするので信用ならず;;;
アレに乗るくらいなら、私は自爆を選ぶっ!

>楽しかったろうなあ
ええ、さぞ腹も減ったろうと朝飯に器にてんこ盛りの紙屑を持ってやったのですが、怒りのオーラにやっと気づいて固まっておりましたよ、フッ。

*zao480さん
あああ、たまご・・・たまごかああああ(T△T)
それはまた張り付いてとれなさそうな。。。。しくしくしくしく。。。。

*anzu-makiさん
うああああ、父上はもう回復されましたかっ;;; 大丈夫ですかっ;;;
初めてなったんだったらビックリされたでしょう・・・バイオハザードかと思いますよねえ、あれは;;;

私の場合はガクブルと紫斑が体中に突然出て、15分くらいで身動きできなくなるのです。
お父上も予備の抗生剤をお守り代わりに持っておいた方がいいかもしれません。
お大事にとお伝えください。

Commented by hiroko_wada at 2017-06-13 20:08
*蔵ゆさん
すれ違う車が無いのですよ・・・いつも深夜に起こすので、四車線だーれもいないという。
ちなみにうちの近所のタクシー会社は大概高齢で、普段から怪しげな様子を見せつけられすぎてて乗るのが怖いのですw
アレに乗るくらいなら私は死を選ぶぞw
ってか老婆老婆言ってるけど、私の予想では蔵ゆさんは絶対美人女将だ。フフフフ。

*kuronekoashさん
おいさんの難は頑なに拒否して事なきを得ました。
7-11のエビとブロッコリーのサンド!!!とかを指定でw
ありがとうございます!

<< クワ―――!!!  緑の奥の記憶 >>