Tweet

<   2006年 10月 ( 19 )   > この月の画像一覧

地元民・・・のはず・・・;;;

久々にお互い手が空いたので、ドライブでもどう~?と義母を誘い、
湯布院へと紅葉見物に。
ところがどっこい、着いたら由布岳は雲の中。
b0003512_2045836.jpg

仕方が無いので、町に下り、最近やたらめったら有名になってきた
河原精肉店のメンチカツを仕入れ(我が家の湯布院土産の定番)、
湯布院から玖珠・耶馬溪方面へと針路変更。
おしゃべり好きな義母の話を聞きながら笑いながら、たまには違う道でも
通ってみようかーと脇道へ。


「えー?なんとかの景とかあるよ、行ってみようかー。」
「うんうん、行こう行こうー。」


標識に沿って走る事二十分。


牧草地で行き止まり・・・。
牛に囲まれる・・・。
・・・なぜ。
b0003512_2044211.jpg



引き帰すこと二十分。
また違う景の名が現れる。


「あれー?こっちにもあるよ、行ってみようかー。」
「うんうん、行こう行こうー。」


標識に沿って十五分。


地蔵が道を塞ぐ・・・。
なんなの一体・・・。



全ての道はどっかに通じているこの現代。
こんなに行き止まりに出くわす事は、なかなかありません。
恐るべし耶馬渓渓谷。


そうこうしているうちに、またもなんとかの景の看板が。


「・・・ど・・・どうする?」
「・・・ここまで来たら行こうか;;;」


進む事20分。


突然人影が出現しました。
手を振って止まるよう指示され、窓を開けると・・・


「この先行き止まりです。」


・・・またかい(涙
わしら帰れるんかい(涙涙


すると、


「行き止まりだけど景色はいいから。池までは行ってみたらいい。そこでUターンできるけん。」


ああー、ありがとう地元民ー(涙


未開の秘境かと思いきや、なんとも人情味があるではないか。
良かった良かった、生きて帰れそうだと義母と喜び合い、とりあえず前進すると・・・。
b0003512_20425396.jpg

静かな湖面に紅葉と奇岩が映る絶景。



b0003512_20494477.jpg

そして何故だか、湖岸には京都ナンバーのセダンが一台。
三脚に据付けたでかいカメラから顔を上げたおじさんがニッコリ。
私の持ってるカメラを見て・・・


「地元の方ですかー、こんにちはー。あ、写真ですか?」

「・・・・いえ;;;大分県民ですが、道に迷って;;;」


毎年来るという京都民おじさんに、トイレの場所やら食事処やら色々教わり、
国道まで連れて帰ってもらいました・・・(恥;
b0003512_20434158.jpg

いやー、でもいいとこだった。
おじさんが写真撮ってる間に、義母と2人でムカゴを袋いっぱいゲット。
また行こ・・・う・・・

・・・・・・・・・・・・・・・。

・・・場所が・・・;;;
結局どこだったのか・・・分からないんだった・・・;;;

しくしく・・・
しくしくしくしくしく・・・

by hiroko_wada | 2006-10-31 20:55 | 立ち止まらせる風景 | Trackback | Comments(18)

「庭猫部」で子猫の里親さん募集中

小梅がお世話になっている、巨猫団団長えゐち殿のお宅には、
子猫が湧く穴があいてます。
心底羨ましい・・・。

この度その穴から、姐さん系シマシマ子猫と、麦系黒子猫が湧きだしたらしく、
里親さんの募集をいたしております。
更に更に、これらの子を手なづけて躾を施している最中、妖精さんと呼ばれる
激マブちゃんも湧いてきました。

日頃巨大な姐さんを褒め称えてくださっている、そこのアナタ。
子猫の時から巨猫団本部で手がけられた、サラブレッド巨猫予備軍を、
アナタの元で巨大化させていただけませんか?
愛と勇気と、巨大化したときに受け止められるだけの腕力をお持ちの、そこのアナタ。
是非是非、庭猫部を覗いて見てください。

b0003512_20251565.gif

庭猫部

いいこが揃ってますぜ。
へっへっへっへっ♪

by hiroko_wada | 2006-10-30 20:32 | 猫猫猫犬 | Trackback | Comments(8)

たまこマジック

先週の金曜日、別府の病院に行った後、tamako_nekoさんこと、たまこさんと落ち合い、
我が家へ。
家に入ると、玄関には姐さんが。
(麦は当然のように、どこに居るかも分かりません。)

ああ、姐さん、無事に帰ってきたよ。
お迎えありがとう~(感涙)

が、私をスルリと無視して、姐さんはたまこさんの元へ;;;

覚えてる・・・。
絶対たまこさんを覚えてる・・・。
この甘えようは覚えているっ;;;

メロメロでたまこさんにすり寄り、とんでもない猫なで声を発する姐さん。
b0003512_11515569.jpg

ゴロゴロゴロゴロ。



b0003512_11555779.jpg

ゴロゴロゴロゴロゴロゴロゴロゴロゴロゴロゴロ♪♪♪



・・・たまこさん・・・
アナタ一体姐さんにナニを・・・。



そしてこれだけではなく、更に驚くことが。

いつも来る人にさえ姿を現さない幻の猫と化している麦が、自分から出てきた上に、たまこさんにすり寄り、なでてもらってゴロゴロ言い始めました。
・・・ものすごい衝撃です・・・。
これを、いつも来てはフラれる友人達が見たら、怒り狂って猫缶を投げつける事でしょう;;;


更に更に、たまこマジックは続きます。

キャットタワーから垂れた姐さんの腹。
ふかふかで気持ち良さそうとのお声を沢山いただきますが、これ触ると姐さんはムッとして立ち上がります。
わたくしとて、今までちゃんと触らせていただけたためしが無いのです。
なのに、たまこさんが手を出すと・・・・
サワサワニギニギ・・・
b0003512_1255439.jpg

いいのかよっ!?
きいーーーっ!!
姐さんのばかーーーっ!!!


きっとたまこさんは猫フェロモンを出しているに違いない。
今度会ったら嗅いでみよう。
くんくん。

by hiroko_wada | 2006-10-30 12:14 | 猫猫猫犬 | Trackback | Comments(16)

また姐さんばかり・・・

チヤホヤされている・・・。
b0003512_1038121.jpg

しかも、アタシがムカデ騒動の間に、一人メシを食べていた事もバラされている・・・。


姐さんのムカデ捕物帖と、褒め称えるコメントを、背後のキャットタワーから覗き見する麦。
少しは見習えと声をかけると、ついっと横を向き、
b0003512_10462262.jpg

ふんっ、バカバカしい。


むかむかむかむかーーーー!!!


このタダ飯食らいがっ!と怒ると、おもむろにキチンと座りなおしました。
b0003512_10492141.jpg

きりきりり。

・・・もしや・・・もしや態度を改めると???
まさか麦に限ってそんなことが!?
いやしかし、もしそうなら姐さんの指導で立派な猫継ぎがっ(感涙)

More ところがどっこい

by hiroko_wada | 2006-10-30 11:13 | 猫猫猫犬 | Trackback | Comments(16)

やはり守護神・・・

昨晩、そろそろ寝ようかという時、姐さんが二階の寝室の窓から顔を出しました。
いつもは私達が一階に居る間は、一緒に一階に居る姐さん。
なんで今日は先に二階に?と思って見上げたら・・・

短いシマシマの手が、何かを投げてきました。

ポトリと落ちてきた赤っぽいモノ。
コンタクトを外してて、なんかよく分からなかったので近づいて見たら・・・

ぎょわああぁぁあわあわわわぁぁぁぁぁぁああぁぁ!!!
b0003512_9524344.jpg

ムムム、ムカデーーー!!!


8㎝程のムカデです・・・。
百足といわれる足がなんだか減ってて、息も絶え絶えのようでしたが、まだ動いてます;;;
慌てて旦那が新聞に包み、外に持っていって火あぶりの刑に;;;


刺されていたら・・・
今この体調で、この免疫の下がった足を刺されてたら・・・
ぞぞおぉぉ~~~;;;


姐さん、ありがとうございましたっ。
おかげで命拾いいたしましたっ。
b0003512_9563215.jpg

お供えに、姐さんの大好きなカルカン猫缶買ってまいりますっ。

姐さんも刺されなくて良かったっ(涙

by hiroko_wada | 2006-10-26 10:02 | 猫猫猫犬 | Trackback | Comments(37)

福々姐さん

食事とトイレと風呂以外、なるたけ横になって足を上げてろとのお言いつけに従って、
横になること四日目に突入。
抗生剤のおかげで熱も下がり、痛みも減り、楽になってきたので、
そろそろ緊急時用一階ソファーベッドから、二階の寝室に移ろうかなーとモゾモゾしつつ、
ふと横を見ると、姐さんがとろとろに眠っていました。
b0003512_14454328.jpg

ああ・・・姐さん・・・
あなたってば・・・
なんて福々しい・・・

しかし福々しいのはいいが・・・
b0003512_1447138.jpg

ウエスト皆無・・・


まあよう肥えて・・・(落涙


と、その腹を撮ろうとした瞬間、コロリ寝返りをうち、いきなり・・・
b0003512_14514242.jpg

カーーーーーーッ!!!


・・・・・;;;
分かりました;;;
肥えたんじゃないんですね?
福々しくなったんですね?

・・・欺瞞ですね・・・(ボソリ
えっ?
いや、なんでもないですとも、ええ、福々しいですとも;;;

・・・そういうことに・・・しておきましょう・・・;;;

More じゃコレはボツってことで;;;

by hiroko_wada | 2006-10-24 14:59 | 猫猫猫犬 | Trackback | Comments(44)

点滴チューブ越しに

b0003512_14433660.jpg

満開の蕎麦畑が見えて、まるで極楽にいるかのよう~。


なんとか体調を保って帰ってきた旅行でしたが、その後の二日間の工事が効いて、
蜂窩織炎を再発・・・。
土曜の早朝にいきなりの悪寒で動けなくなり、たった一時間の間に、
九度の高熱と右足の腫れが。
沢山並んで待ってるジイチャン・バアチャンを押しのけて急いでくれとも言えず、
言わないままにどんどん朦朧としてきて、順番が来た一時間後にはもうヘボヘボ。


蜂窩織炎・・・恐るべし・・・。
遅れれば死ぬと言われてましたが、まさかねー?と思っていた私は甘かった・・・。


なんとなく予想がつきます・・・。
きっと私は「まさかー♪」と笑いながら、癌の再発ではなく、蜂窩織炎で死ぬね。
うん。


とは言え、前回のように皮膚科の誤診が無かったためか、
前回よりひどい症状であったにもかかわらず、治るのは早く、もう熱は下がりました。

となると腹が立ってくるのはあの皮膚科の誤診医師。
あの時、どんだけ私の免疫を下げてやがったのだっ(怒
回復まで一ヵ月半はかかったぞっ(激怒


ああ・・・
あの水売り兄ちゃん達、今来ないかな・・・。
あの医者のとこ行かせるのにな・・・。

「これで洗うと古伊万里の価値が倍増しますよ」とか言わせて、
ただの台所用スポンジをフィルターに入れた浄水器売りつけたいな(悪徳は私か?

by hiroko_wada | 2006-10-23 15:10 | 花模様 | Trackback | Comments(22)

ご褒美チーズケーキ

友人から、産休に入ったから遊びに来ないかとのお誘いが。
旅行疲れと工事疲れで、くらくらヘボヘボしていた体と気分が一気に回復。
久しぶりなので、うちの実家の家事はサボり、ランチに行こうかということに。

美味しいお店を見つけてくるのが得意な彼女。
案内してくれたのは、中津市のさんぽみち。
b0003512_1953775.jpg




自家製ハーブで作る、全てに一手間かけたワンプレートのランチに、玄米のスープ。
b0003512_1972453.jpg

ハーブを練りこんだバターと、焼きたてのミルクパンがおいしい~!
更に、選べる手作りケーキと黒ゴマプリンと飲み物がついて1000円。

満腹で店を出て、臨月のおなかでは大変な買出しを手伝い、彼女のアパートで
楽しく話しをしていたところ、インターホンが鳴りました。

More 訪問販売のいぢ悪い断り方の一例

by hiroko_wada | 2006-10-20 22:02 | お薦め逸品図鑑 | Trackback | Comments(41)

よしなさいって・・・

何度も言ってるのに
b0003512_925936.jpg

ガクのシッコの臭いを確認する姐さん・・・。



ああ、ほらほら、きたきた;;;
b0003512_945048.jpg

うげぶー;;;

フレーメン・・・(涙

by hiroko_wada | 2006-10-19 09:09 | 猫猫猫犬 | Trackback | Comments(27)

ガンガンゴンゴン、ガッシャーン!

久々にヤ○ザ化してしまった昨日今日。
疲れと怒りがピークに達し、20も上のオッサンを、小僧のように罵ってしまいました。

が、奴が悪い、奴が。
私は反省などしておらんぞ。
クレーンで逆さに吊られてぶん回されないだけ、ありがたいと思へ。

事の発端は六年前。
家を建てた際に、屋根外壁工事だけ親類以外の業者に任せることとなったことから
始まりました。
親類ではないとは言え、いつも一緒に仕事しているチームで、有名な設計集団からも
お墨付きもあり、大きな現場には必ず呼ばれる会社です。
確かに仕事は美しい。
腕もいい。

なのに、うちだけしくじるとはっ(怒


六年前から何度も何度も改修を行い、その度に手際の悪さと頭の悪さと姑息さを露呈する
専務に、とうとうブチキレて最後通告をしたのが去年の秋。
次の改修でなおらなければ、全面葺き替えか全面塗膜防水を施すよう、みな立会いで
書類まで作成し、判まで取る事態に。
その最後通告の改修を春にしくじり、またズルズルと引き伸ばして夏にしくじり、
とうとうキレた私に恐れをなして、連絡すらしてこない状況に。



その状態で三ヶ月経過。
台風を二つやり過ごしました。
そして、やり過ごした時点で、何度目かの電話。



こらワレ。
隠れとったら済むと思ってないか?ああ?
私と正面切って戦いたいと?
いやー、私もいっそそのほうがスッキリすると思ってたけれど、一応同業者だったからと
思って控えてたが。
損害賠償請求を払った上に、他所の会社に葺き替えてもらうという恥を自ら選ぶわけだ。
自らは赤っ恥かいてでも、うちの雨漏りを止めてくれるんだ。
いやー、潔いねえー。
しかしそうか、私の恥をかかせまいとの配慮は、いらん世話だったか。
そりゃ六年もかけて悪かった。
じゃーここからは手加減無しでとことんまで戦って、お互いスッキリしよっか♪
私の目標としては、損害倍所請求とは別に、濡れた部分についてのシロアリ防除の保険も
プラスしてもらって、更に悪徳業者として申告。
指定業者の取り消しまで持って行きたいかなっ♪





電話切れました。




三十分後、目を泳がせて、専務が玄関に来ました。
屋根二重葺きと、笠置と雨切り葺き替えをやらせてくれとのこと。
この六年、私が言い続けた案です。



だったらとっとと動かんか、このドンガメっ(怒



うちは明日から旅行に出るし、相手はこれから二週間は手が空かないとのことで、
帰ってから施工法と日取りをきちんと書面に残して、それから始めようということで決着。
一段落して旅行に出ました。



が、次の日の朝、岐阜にいる私の携帯がチラリラリ~♪
もはや奴からの着信音は、やる気の無いダースベイダーのテーマにしか聞こえません。

旅行行ってるって言ったろうが・・・と脱力しつつ電話にでると・・・
「今来たけど、居らんでもできるから、やって良かろうか?」
b0003512_1105969.jpg

・・・よろしい訳がなかろうがあっ!!!
なにその「ふき葺」ってふざけたネーミングはあっ!!!




きちんと手順を踏んでるかどうか、いちいちをお互い確認しながらでなければダメだと
何度言わせれば気が済むのだっ!
こう何度もやらかすということは、手を抜くために施工を見られたくないと受け取るぞ!
むかむかむかむかむかむかむかむかむかむかむかーーーーー



途中まで言って黙った私の怒りのオーラが、どうやら大分まで届いたようです。
オロオロと、すぐ帰りますとの返事。



しかしね・・・
普通ここまで続けざまに怒られたら、もーそろそろちゃんと言うこと聞きそうですが。
旅行から戻るやいなや、荷物を降ろしている最中にやってきて、明日いいかと。
こんなこったろうと旅行中に書き付けた図面を渡し、「これこのまま施工。過不足は許さない。」と突きつけ、大男の専務をギラリ一瞥。

オドオドびくびく、足元へろへろしながら、図面握り締めて帰ってゆきました。

でもって昨日今日とで、ようやく改修が終了。
ちなみに今回は強力な現場監督が付きました。
b0003512_10563441.jpg

姐さん・・・応援ありがとう(涙



b0003512_10582154.jpg

これで完全に終わりますように・・・。
ぐったり。。。

by hiroko_wada | 2006-10-18 11:42 | Trackback | Comments(20)