Tweet

<   2006年 11月 ( 18 )   > この月の画像一覧

ちょっとだけよ~ん

ちゃらっちゃちゃらららっちゃらっ♪(合いの手であんあんゆってください。)
b0003512_12413615.jpg





ちゃらっちゃちゃらららっちゃらっ♪(舞台上、ピンクのライトONしたと思ってください。)
b0003512_12433539.jpg





ちゃらっちゃちゃらららっちゃらっ♪(踊り子さんには、お手を触れないようお願いいたします。)
b0003512_12472940.jpg





ちゃらっちゃちゃらららっちゃらっ♪(チップは豊満バディの腹の下へ。手の平差込みOK。)
b0003512_12512782.jpg


More チップ弾んでくれた方には鼻血ブーなサービスをご用意しております。

by hiroko_wada | 2006-11-30 12:56 | 猫猫猫犬 | Trackback | Comments(36)

小梅大明神;;;

ここんとこ、仕事が激烈テンパってる旦那。

昨夜は12時過ぎに帰宅し、就寝は二時。
そして今朝は、五時前に起きて出社。

ムゴイ。。。

私も送り迎えや食事・お弁当をせねばならんので、起きてるのですが・・・
昼になると、もーヘボリロリ。。。

睡魔に襲われ、ソファーでパーカーのフードをつっかぶって二時間昼寝をし、
ふと目覚めた瞬間、目に飛び込んできた光景が・・・

More コレ;;;

by hiroko_wada | 2006-11-28 14:57 | 猫猫猫犬 | Trackback | Comments(36)

たまにこのように

滅多に無いことですが・・・
麦がこのように思慮深げな表情を見せる時は・・・
b0003512_1333978.jpg

寝起きで思考停止中か、
腹いっぱいで思考停止中です。

もっとも・・・

普段は思考が働いてるかと言われると、答えに窮するのですが;;;


麦よ。
早く覚醒したまへ。
おまへがコッソリ食べちゃった姐さんのご飯、補充してないのだよ。
b0003512_1326615.jpg

ギクリ;;;


食べ物の恨みは怖いよ?
ふっ(ニヤリ)

by hiroko_wada | 2006-11-27 13:26 | 猫猫猫犬 | Trackback | Comments(6)

ねたねた;;;

蜂窩織炎からの自力復活を目指し、養生を続ける事一ヶ月。
消えては現れ、現れては消える赤斑。
高熱も出ないし、痛みもそれほどでもない。
もしかしたらジワジワと治っているのかもしれないけれど、でも・・・

じっとしてるの限界っ。

ってんで、とうとう観念して病院行ってきました。
したらば・・・



激烈怒らりた。。。



どうやらワタクシ、ウイルスに抵抗もせず、
ジワジワと蝕まれていたようでございます(涙
高熱も痛みも無かったのは、抵抗せずに居たからか;;;

シリに注射打たれたいかと仲のいい看護婦さんに怒られながら、
ブスリブスリと注射を打たれ、
二カ月おきに起こる蜂窩織炎に、免疫低下と癌の再発を疑われ、
そぉりゃもう先生達を深刻な空気にさせつつも、血液検査はギリギリでクリアー。
抗生剤の点滴と投薬のみで放免されました。

うう。。。
ごめんょ先生方。。。
こんなに思ってくれているのに。。。
シリに注射なんて打ったら、コーヒーに下剤入れてやるだとか思っちゃって。。。

反省しつつ家に帰り、早速薬を飲んで横になったところ・・・
b0003512_11294241.jpg

あっという間にフェイドアウト。

ゴハンとトイレとお風呂以外、眠って眠って眠り倒して本日に至ります。

まだちょっと微妙だけれど、赤斑はあるけど、わりかし元気になったような。
気が・・・
・・・す・・・
・・・・・・・・。


・・・なんか腹の所々が痛い?


そおっと服をめくってみたら、腹にぽちぽちと青あざが。
・・・これは・・・


姐さん・・・アナタですね?
私が眠り倒してるとき、飛び乗ってましたね?
しかも何度も。


足は赤ポチ。
腹は青ポチ。
全快はいつになるやら。。。
しくしく。。。
しくしくしくしく。。。

by hiroko_wada | 2006-11-27 11:41 | 立ち止まらせる風景 | Trackback | Comments(16)

見~た~な~?

見ましたとも。
撮りましたとも。
b0003512_1751910.jpg

寝ててもカメラは握っているのさ。
ふっ。

by hiroko_wada | 2006-11-23 17:52 | 猫猫猫犬 | Trackback | Comments(10)

福の神

旦那が四連休に入った本日。
家事一切を放り出し、姉さん達を締め出して寝るわ寝るわ、十三時間。
起きたら昼でございました。

このところ、歯ぐきにできた熱袋に寝てる間に牙が刺さり、朝起きたら口の中に
血が溜まってたりとオソロシイお目覚めが続いていたのですが、本日は熱袋も治まり、
久々に爽やかな覚醒。
義母が作り置いてくれていたご飯を食べ、雨の降る音を聞きながら、またうつらうつら。

なんだかのんびり~。
雨で空気が澄んで、なんだか爽快~。
そんなことを思いながら、お茶を淹れようとしていた午後三時。
クロネコヤマトがやってきました。

b0003512_17295372.jpg

うぬっ!?スイーツ!?
いかもこの箱、重いっ;;;

慌てて差出人を確認。
ををを・・・rさんっ(感涙

いつもいつも、凹みきって浮上ができなくなる寸前に吊り上げてくれるのですね、
アナタはっ。。。
ありがとうですー。。。
うぐえぐうぐ。。。

すっごいでっかいホールのチーズケーキ。
ついついこのようなものを製作して、挿してみたくなりました。
b0003512_17365691.jpg

ケーキはほんとはでっかいのですが、姐さんの巨顔を描いたら旗がでかくなり、
ケーキが小さく見えてしまった・・・。

姐さん、アナタの顔でかすぎですよ(責任逃れ)

rさん、ありがとうですー!
旦那に見せびらかしつつ、独り占めしていただきまーっす!

by hiroko_wada | 2006-11-23 17:44 | お薦め逸品図鑑 | Trackback | Comments(12)

内股ちっく

b0003512_18574881.jpg

シッコでも我慢しているのか?

あれ?今気づきましたが、麦の影、頭が無い?
シッコちびる未熟者のくせに、猫又入りするのは十年早いわっ。
ぺいっ。

by hiroko_wada | 2006-11-21 19:05 | 猫猫猫犬 | Trackback | Comments(10)

空飛ぶ巨梅

消えては現れ、現れては消える蜂窩織炎。
抗生物質を飲みたくないので、熱が出ない限りは病院へ行かず、
足を挙上してしのいでいたこの一週間。
私もですが、何より姐さんのストレスが溜まってきました。

横になって足を上げている私の横で、熱い視線を送ってくるので、
その顔を撮ろうとカメラを取りに。
が、これがいかんかった。

カメラ握ったら散歩!

姐さん大興奮;;;
慌ててカメラ持ったまま伏せました。
すると横にやってきてこの顔。
b0003512_17105237.jpg

行くんじゃないのんか~~~。

すみません(涙
行くんじゃないです(涙涙
私が悪うございました(涙涙涙

行かないと分かった姐さん。
ムッとしたまま、廊下を端から端まで、つまらなそうにウロウロしはじめました。
b0003512_17182630.jpg

つまんね~



b0003512_17192296.jpg

つまんねえ~~~



b0003512_1720975.jpg

黒いアイツも寝てばっかりで相手にならないし~



b0003512_17224730.jpg

そして何度目かの往復の後、突然・・・

More 姐さんがっ;;;

by hiroko_wada | 2006-11-21 18:03 | 猫猫猫犬 | Trackback | Comments(28)

あ~た~らし~い

朝が来た♪
金曜日だー金曜日だー、開放デーだーっ♪


酒浸りになりつつある親父に、ものすごい雷を落として逆ギレされ、髪に掴みかかられて
負傷してからこっち、ばあちゃんがデイサービスに行く金曜日は、お惣菜を届けなくなりました。
b0003512_9443419.jpg

母が倒れてから8年、亡くなってから4年、癌の治療中も続けてきた実家の家事と
家業手伝いだったけれど、オマエが何の役に立ったか、いらん世話じゃと言われると、
さすがに指一本動かしてやる気が失せます。

ふんっ。
母が倒れようと、私が癌になろうと、ばあちゃんが年取ってヘボヘボになろうと、
身の回りの何さえしようとせず任せてきたツケは、そのうち自分にふりかかるのだっ。
職人は仕事だけできてりゃ良かった昔とは違うのだっ。

体にも頭にも支障がないうちに、一緒に住んでる者に対しての気遣いや自制心を、
なんとしても身に着けてもらわねばなりません。
愛想を尽かされて一人になってからでは遅いのだから。

ポツンと家に居て、寄り付いて来るのはセールスのみ。
「お茶」と言っても「メシ」と言っても、誰も動いてくれない切なさ。
朝と夕方は家族が居るけれど、金曜日の昼間は一人。
家族についての復習の時間。
だと思ってるのは私だけかもしれませんが;



頭を冷やせ親父。
私はもうかばってやらん。
ふんだ。

by hiroko_wada | 2006-11-17 10:26 | 立ち止まらせる風景 | Trackback | Comments(22)

こまごまこまごま

日々モノを増やさずスッキリしておきたいと思ってるのに、ちょっと油断すると、
部屋中てんこ盛りです・・・。
スパッと捨てればいいんでしょうが、選り分けているうちに選別基準が緩くなっていき、
最初に分けたものまでまた出戻って来ます。

三年使わなかった物は捨てろと自分に言い聞かせつつも、編み直そうとほどいた
巨大毛糸玉十数個は、10年貯蔵。
自分じゃ絶対着ない母の遺品の着物は、密封したまま5年は見てない。
義母から渡された、小さい頃に旦那が作った、シュールな作品の数々。
香典返しなどで貰う、書きにくい筆ペンやボールペンは、ダンボール詰めで発酵熟成中。
写真と名前なんか入れてよこしやがった、どうにもつぶしの効かない引き出物の食器類。
再利用できそうな何か、という名目のガラクタ。

使えば使えなくないのだけれど、使わない物たち。

捨てろっ。
思い切って売るか、捨ててこいっ。
たった2人しか暮らしてない家なのに、この物の多さは何事かっ。
b0003512_9464967.jpg

袴さえも脱ぎ捨てちゃったドングリの佇まい。
なんて潔い脱ぎっぷり。
見習おうじゃないか、自分よ。





・・・そう思って荷をまとめてみるも・・・




ぐあ~~~捨てられない~~~(涙




かくしてまた押入れに仕舞い込み・・・
深夜に麦に漁られる・・・

しくしく・・・
しくしくしくしく・・・・

by hiroko_wada | 2006-11-16 09:54 | 立ち止まらせる風景 | Trackback | Comments(31)