Tweet

<   2011年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

住宅用太陽光発電ソーラーフロンティア設置

11年前・・・

いずれ技術が進歩して、納得行く太陽光発電システムが出たときの為に設計した我が家の屋根に、
待望のソーラーパネルが載っかりました。

CIS型太陽光発電システム、ソーラーフロンティア。

影が横切ったらモジュール全体の発電が止まり、寿命も短い従来のパネルとは違い、
影の影響でモジュール自体の発電が止まることも無く、二十年の保障がつくほどの長寿命。
しかも薄く、軽く、屋根への負担が少ない。
ということは施工も簡単になる。
(我が家での工事はパネル設置一日、電気工事一日の2日間で終了。)
もひとつオマケに総発電量は他メーカーより多いときている。

更にびっくりなのが、その値段。
パネル一枚7万円~というのがほとんどの中で、うちに導入したもので言うと22.400円。

CIS型が出る前まで、うちにソーラーを導入しようとすると300万から400万かかる予定でしたが、
ソーラーフロンティアのパネル30枚、2.4kwシステムと工事費全て込みの値段は1.320.000円。
(国からの補助金115.200円が設置後に下ります。)

昨年末に庭とテラスを改築したばかりで、いくら安くなったとは言えフトコロが痛い金額ではあるけれど、
思い切って踏み出しました。
b0003512_17504559.jpg

まーなんちゅーか、頭沸いた数万人のデモとかあった時期だったんでね。
高熱出してる最中にモーレツにイラッとさせてくれたおかげで、購入に至りました、ありがとう。


人の不幸に便乗して、自らを省みないロクデナシなら誰でもかさにかかれる大義名分背負って、
自分の生活不安と鬱憤晴らしてるだけにしか見えん。
ぶつけてまわるのって簡単だし、その時だけは本人達だけスカッとするかもしれんが、
ここまでにしてきた当人がそんな調子で、何が変わると思ってるんだろう。

集まったのって六万人でしたか?

誰か何とかしろって騒いだだけで終わるとは思わなかったなあ。
いやほんと、清々しいほどに身勝手で無策。
いい加減気がつこうよ、誰かがなんとかしてくれるなら、もう少しマシな今があったってことに(笑

そろそろ涼しくなってきたし、頭も冷えてきたろうか。

問題に突き当たって、考えることをせず泣いて騒いで駄々こねてるだけの大人なんて、
今しかない変換期において、原発以上に迷惑千万。

時間余ってんなら、次は六万人でデモの代わりにバイトして、
一日分の日当集めてメガソーラー企画を継続してやって行こう!とかくらいやるといいよ。



さて、



節電だけで賄うのは難しいと分かった今、原発を再稼動させないために個人でも打てる手は、
各自の自給率を上げることしかない。

幸いにもCIS型ソーラーの世界最大規模の工場は宮崎県にあって、7月からフル稼働に入り、
1日に16.000枚の生産が可能になったらしい。

まずは九州の人、
原発のある地域の人の為にというか、自分達のこれからの為に、頑張ってみらん?

てなことで、うちで今まで購入するに当たって懸案だった屋根への負担の面での情報をば、
以下に掲載しておきます。
購入を検討しているけれど、同じくこれが心配で踏み切れない方は沢山居るはず。
参考になれば幸いです。



まず、屋根材はガルバリウム鋼板。
三寸勾配の南向き。
パネル数は30枚で、図面は下記のようになります。
b0003512_1755818.jpg

長方形・・・と行きたかったのですが、天窓の分が欠けたのと、欠けた枚数を他で補ったのとで、
多少変形です。
架台は変形になってもスライドで調節可能なものだったので、天窓のある屋根や変形にも対応可。

但し、屋根面ピッタリ全部は施工できないようです。
壁から250mm、屋根端から300mm、引いて設置する仕様です。


一番心配な屋根面の接地ですが・・・
b0003512_1851535.jpg

施工は屋根の専門職である瓦屋さんが担当。

図面と屋根裏から縦に入っている垂木の位置を探し、そこに金具を置いていきます。
屋根との接地面には2mm程のラバーボンドの層が有り、これでまず最初の防水。




その上から、この金具を取り付けるんですが・・・
b0003512_18142129.jpg

この金具にもラバーボンドの層がついてます。


白い台紙を剥がして付けるんですが、その前に一手間。
b0003512_18114138.jpg

二つ目の金具を置く前に、ビス穴にアポロチョコみたいにラバーボンドトッピング。


その上から、
b0003512_18164412.jpg

とな。


これをビスで下の垂木に留めていくんですが、ここでもいっちょ
b0003512_18185838.jpg

アポロチョコトッピング。


そのアポロチョコの上からビス留め。
一つの金具につき6本のビス。
b0003512_18201973.jpg

ちなみにこのアポロチョコがなかなか肝で、
屋根裏までギュムーとくっついて出てきているのを確認。
各層でさぞやべっとり吸着しているものと思われます。


そしてビスを留めた上から駄目押しのホイップがどどーんと・・・
b0003512_18235268.jpg

モッチリ。


モッチリを更に、
b0003512_18263658.jpg

しつこい・・・(ぁ、ぃゃソノ;;;


しつこ・・・いや、丁寧な作業ですが、一つ付けるのにほんのニ、三分です。
b0003512_18285687.jpg

金具にカバーを被せ、これで直接外と接する面は無くなりました。



b0003512_18311557.jpg

ネジ締めて接地金具取り付け終了。



b0003512_18375766.jpg



作業するのは屋根の専門職である瓦屋さん三人。
ソーラーフロンティア代理店の施工管理さんが一人。
b0003512_18402572.jpg

特別な道具は要らず、インパクトドライバーとコーキングガン、レンチくらい。
パネルと運び上げはクレーン等も要らず、瓦屋さんが普段使っている瓦上げ用の
梯子に取り付けるウインチで十分。
進入路が狭くても、作業スペースがあまり無くても、住宅密集地でもやれそうです。


b0003512_18472597.jpg

縦位置はスライドで微調整の出来る架台なので問題なし。



b0003512_18494130.jpg

横位置は屋根の波うちを考慮して慎重に水糸を張り、高さを調整。


いよいよパネル取り付け。
厚さ2cmと少しくらいと薄く、作りもシンプル。
b0003512_18531961.jpg

5枚1組の配線でプラスマイナスのコードをつなぎつつ、コードがたるんで屋根面に触らないよう、
丁寧に架台に束ねて留めていく。


引っ掛けてはめ込んだパネルの上から、押さえ金具を入れて留めていく。
b0003512_18554752.jpg

最後にパネルの四方の端に、雨切りの縁をネジ止めしてパネル工事完了。
朝9時から始めて、5時半には終了です。

漆黒のパネルに熟れ始めた稲が映りこんで、水面を見るような光景。
見た目も美しい。



うちでは他の現場の都合上、パワーコンディショナー等の工事が次の日になりましたが、
都合がつけば1日で全ての作業が済むかもしれません。

電気工事が終わったら、電力会社さんが売電のメーターの取り付けをし、
保安協会の立会いをしてもらったら工事終了。

パワーコンディショナーの電源をぽちっとすれば、いきなり発電が始まります。
一枚目の写真のように、カラーモニターで確認できます。
(カラーモニターでは1日・一週間・一ヶ月単位のデータも表示。自給率等も確認できます。)


以上、ちょっとでも設置への不安が払拭できれば良いな~と願いつつ。



あっ、そうだっ。

まだ病み上がりでヨボヨボのまま工事に突入する我が家に、
旨すぎる手作り兵糧を届けてくれたriderさんっ。
3日間持ちこたえられたのは母ちゃん小包のおかげです、ありがとうーっ!


仙台麩ってやつ、まぢ旨いね。 モチモチ~。

気が向いたら、お賽銭のニボシ代わりに宜しくです。

イイ子沢山揃ってます。
いつでも里親募集中
救ってやって~。

by hiroko_wada | 2011-09-29 19:27 | お薦め逸品図鑑 | Trackback | Comments(17)

麦々有限公司の傘下店か!?


三連休・・・体力以外はほぼ平常に戻ってきたので、久々にドライブへ。
(ちゅーても用心して後部座席で屍のように寝て移動しましたが・・・足にはギッチリ弾性ストッキングb)


先日行った鹿児島で拾ったタコノマクラを探しに行きたいとのことで、
行き先は目撃情報のあった山口県に決定。

愛する金魚ちょうちんの町柳井と、以前から行って見たかった周防大島付近の海岸を物色するも、
シャツのボタン程の極小サイズのカシパンしか見つからず・・・



もうね・・・二人して白くて丸い、いろんなもんに騙されまくりです・・・
ちょびっと老眼入ってるoiさんなんぞは、
いい具合に磨耗したボタンを拾って凝視し続けていたらしい・・・(哀;



頭の中ではずっと、九州の人なら知ってるかな・・・「ビチ高野球部」の歌・・・

あれがずっと流れてんですよ・・・ビチコー(ビーチコーミング)と重なって・・・(遠い目


あちこちの浜を半日渡り歩きましたが、指先大カシパン二個ゲットに終わりました。
ニン♪




さて、涙を拭いて本題。




周防大島に入った時、「海賊料理 麦」と書かれた看板を発見。



麦、とな・・・(一抹の不安がよぎる・・・)



うちのコソドロな麦とは違い、海賊とはまたなんだかすごそう。
ここはやっぱ偵察に行かねばなるまいってんで寄ってみると、海に張り出した小さなお店は満車。
これは期待できるかもと、近くの道の駅で時間をつぶしてから再度チャレンジ。


ちょうどお客さんが引けて、ほぼ貸切。
崖に張り出した眺めのいい席に陣取り、oiさんは刺身定食、私は煮魚定食を注文。


ちなみに魚の種類は全く書いてないので、その日の水揚げで変わるのかな。
ほとんど定食で、値段は大体1500円から2500円。
一品は1000円~10000円までの地魚料理と刺身と焼き物。
いーぞいーぞ、漁師っぽいぞ、地元っぽいぞ、フフフフフ。

と、期待に応えて出てきたのがコチラ。
b0003512_13594817.jpg

さ・・・三匹!! メバル・メバル・石鯛の煮魚ピラミッド!?
oiさんの刺身は、地魚と地蛸のみで構成されている!!

お吸い物にはアジがまるっとドボン。
お豆腐はガッシリした田舎豆腐を一人半丁。
小鉢にてんこ盛りのヒジキ。



新し過ぎて身がくるくると巻き上がってるメバルをoiさんに一匹進呈し、お刺身を分けてもらい、
一心不乱にパクパク。



くうっ、ただ名前が麦ってだけで疑ってスマンかったっ。
旨いよ大将っ!!!



と、その時。



oiさんの箸がパタリと止まり、微妙な表情に。
どうやら刺身をひき損ねて、骨が残ってるらしい。

ま・・・まあたまにはミスも・・・と、思ったら、
今度は刺身がつながっている。



・・・どうやら大将、地魚料理専門店を営むも、刺身は苦手らしい(コラコラ。)



まあちょっとくらいのことは許そうや、鯵めっちゃ旨いし、蛸旨すぎるし、
石鯛の刺身がこんなにてんこ盛りだし。

と、言いつつ、自分の方の石鯛煮付けを食べ始めてビックリフリーズ・・・








・・・・・裏の身が・・・無い;;;







チラリ・・・・(oiさんの石鯛の刺身の量を目測)
チラリ・・・・(自分の石鯛の煮付けの大きさを目測)



・・・どう考えてもあの刺身は・・・コイツの半身・・・よね;;;



名に・・・偽りは無かった・・・
さすが麦々有限公司・・・
b0003512_14331796.jpg

周防大島の「くいどうらく麦」。
猫騙しを食らいますが、魚は旨いです。

半身の行方を追及しないでいられる方は、是非(笑



いまはちっぽけ部員は二人~いつかはどでかいタコノマクラを~
へこたれやしないぜ~まだまだ探すぜ~ビチコービチコービチコーねこあく~♪

気が向いたら、お賽銭のニボシ代わりに宜しくです。

イイ子沢山揃ってます。
いつでも里親募集中
救ってやって~。

by hiroko_wada | 2011-09-21 15:15 | 猫猫猫犬 | Trackback | Comments(18)

観月

b0003512_11483872.jpg

御心配おかけしとります、すみませぬ。

一昨日から熱も下がって、わりかし生きておりまする。
ただ、高熱が続いた後なので、椅子に座る体力がまだ戻らないだけ~;
菌に右足を相当食われちゃったので、立つとずずーんと痛みが降りてくるだけ~;;;

病院だとか振込みだとか家事だとか、私にしては用心して必要最低限の動きに絞ってるし、
ご飯も食べられるようになったので、じりじり回復中です。

いつもちょいと一息においでて下さってる方々、
もーちょい、お月見でもしながらお待ちくだされ。



中秋の名月を見て酒欲しくならんって、初めてかも;;; 弱ってんなー;;;

気が向いたら、お賽銭のニボシ代わりに宜しくです。

イイ子沢山揃ってます。
いつでも里親募集中
救ってやって~。

by hiroko_wada | 2011-09-15 12:31 | 月模様 | Trackback | Comments(18)

死ぬに死ねない走馬灯

b0003512_10285211.jpg

ワタクシ史上最悪の蜂窩織炎でぶっ倒れてから七日目・・・
なんとか点滴外れて生還しました・・・ヨロヨロ・・・


先週の木曜日、健康診断でひっかかったoiさんが病院に行くのでお休みだったんですが、
午後からは何も予定がなかったので北九州のオートバックスへ。

商品棚の下の方を見ようと膝を折った瞬間、全身総毛立って視界が一段階暗く;;;
「???」と思いつつも体調が悪い訳ではなかったので、そのまま店内で20分ほど過ごし、
車に戻ってきたところでようやく「!?」

外気温34度。
なのになんで、こんな全身痛いほどに寒い!?

まさかと思って右足を見てみても、蜂窩織炎の兆候は無し。
そうこうしてたら10分後にはもう、エアコンを切った蒸し風呂らしい車内で、
汗だくのoiさんを不思議に思いつつ、一人氷漬けのモーロー状態でございました;;;

宇佐に帰り着いた時には既に病院は閉まっていて、予備の抗生剤があるので帰宅。
そのまま、40度近い熱と全身モーレツな痛みの地獄の七日間に突入;;;


甘かったっす・・・
やっぱ蜂窩織炎はすぐさま病院行かんと死ぬ・・・
初めて走馬灯らしきものを見てしまいましたがな・・・

縁側で寝転がってる目前で、いきなり麦が30㎝超のうまい棒をニョロッとやったこととか、
ガク爺が蓮池の菱の葉に騙されて、普通に地面の延長で歩いて美しく水没したこととか、
雷坊がいつもの調子で華麗に踏み切って、水を抜き忘れた浴槽に派手にダイブしたこととか、
ハゲハムだったけれど可憐で大人しかった芹が、ある日突如シロアリになったあの日とか、

そんなこんなの合間に、ふと水の中から水面を見上げたら池の縁に姐さんが居て、
ぷかっと顔を出した私の額ににゅっと手を伸ばしてきて、また水中に沈められたり、

真っ暗な中にぼうっと青白く浮かぶ大きなドングリがすぐ傍に何度か見えて、
不思議に思って掴もうとしたらoiさんの顔だったり;;;

体は寒いのに頭だけ熱くて、頭だけ風が欲しい~と思ってたらいい風が吹き出して、
熟睡して目が覚めたら、枕の両側に乗った芹と雷坊が鼻息送風中だったりとか・・・


・・・・なんていうか・・・
b0003512_1129599.jpg

もうちょっとマシな走馬灯じゃないと、死ぬに死ねない・・・







次こそは、絶景と旨いもんの走馬灯を!!!
b0003512_11374411.jpg

と、その前に、養生養生~;;;


もーしばらく寝たきり生活・・・つまらんのぅ・・・。

気が向いたら、お賽銭のニボシ代わりに宜しくです。

イイ子沢山揃ってます。
いつでも里親募集中
救ってやって~。

by hiroko_wada | 2011-09-07 11:45 | 空模様 | Trackback | Comments(34)