Tweet

<   2016年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

パパラパッパパー☆




もくもくはレベルアップした。

「人様の尻尾はタブー」を覚えた。
賢さが2上がった。
気使いが3上がった。

スキル「抜き足差し足」を覚えた。

「抜き足差し足」 ←コチラ。
(エキサイトはいつまでも動画に弱い・・・。
  ご不便おかけして申し訳ないっす・・・。)






ステージボーナス「雷親父のチュー」をいただいた。
b0003512_16003804.jpg
「別に要らねえ」と思ったけど、黙っていた。
世渡りが5上手くなった。




セーブポイントは猫トイレ。
もくもくの冒険は続く。

御用とお急ぎで無い方は、
ニボシのお布施をお願いします~。

野良っちが食いっぱぐれてたら、
拾ってあげられなくても、せめてお接待してあげて~。
いつでも里親募集中
でも、できたら救ってやって~。





by hiroko_wada | 2016-06-30 16:08 | 猫猫猫犬 | Trackback | Comments(18)





杢 

杢、杢目。
木材の木目・木理のうち、柾目とも板目とも異なって稀に現れる複雑な模様のものを指す。
その希少価値・審美的価値から珍重される。 (wikiより)
b0003512_15503256.jpg

杢を最初に見たとき、赤玉土の団子のようだった。


が、洗ってフカフカに乾いた姿は、黒柿の銘木のように美しい黒とオレンジ。


親父と銘木を製材していた頃の、瘤だらけのおどろおどろしい古木から、
突然美しい杢目が現れた時のような驚きだった。
b0003512_15474934.jpg

お前の名は杢にしよう。
銘木に育てよ。



・・・って、



ああああああああ;;;
b0003512_15515473.jpg

やめんか杢っ;;;

それは湯布院の宇奈岐日女神社の御神木、千年杉。
黒柿の木っ端ごときが齧っていいものではないw

千年生きてからにしやがれっ。






収監。
b0003512_15591417.jpg

ショボーン。。。



ようやっと熱が出なくなりましたが、咳は相変わらず・・・・二時間でいい、熟睡したいいいい。。。
咳で肋骨折れるっていうのはホントなのかもしれない・・・と、ジワジワ実感中;;;

御用とお急ぎで無い方は、
ニボシのお布施をお願いします~。

野良っちが食いっぱぐれてたら、
拾ってあげられなくても、せめてお接待してあげて~。
いつでも里親募集中
でも、できたら救ってやって~。

by hiroko_wada | 2016-06-29 16:03 | 猫猫猫犬 | Trackback | Comments(24)

誕生日には猫が来る




思えば6年前の誕生日もそうだった・・・・


土砂降りの夜中、深夜残業していたoiさんを会社に迎えに行った帰り。
あと数分で誕生日終わるけど、おめでとーありがとー、という会話を車内でしていた瞬間、
車の前に匍匐前進で飛び出し、真ん中で力尽きた、カビてハゲて腰の曲がらないハツカネズミ・・・・
b0003512_11102416.jpg

ずいぶん貧相で手のかかりそうな誕生日プレゼントだな、オイ;;;


と、思ったけれど、
そんな日に出会ったのも何かの縁かと思い、苦労して(主に雷坊がw)育てた、あの日から6年。


また同じ日に、同じ土砂降りの晩、
b0003512_11155812.jpg

・・・・・猫神から誕生日プレゼントが届きました;;;



数日前から熱で朦朧と過ごしておったのですが、避難勧告が出ているほどの大降りの中、
轟音の合間を縫って、ヤカンが鳴ってるような音が小さく途切れ途切れに聞こえる。


高熱だし、耳鳴りなのかもしれないと思いつつも気になり、ランタンを持って外に出てみるも、
あまりの雨の音と暗さで何も確認できない。


何度かそれを繰り返したものの、庭には先週ヤマカガシが出て二匹仕留めたこともあって、
足首まで水がたまった芝生の庭を警戒しつつウロウロする体力もなくなり、そのまま就寝。


が、肺と喉がゴロゴロ鳴って苦しくて、
更には昨夜の音が聞こえはじめ、早朝に目が覚めた。




ピーピーピーピーピー! 
ピーピーピーピーピー!





・・・・やはり近くでヤカンが鳴っている?



ヨレヨレと起きて縁側から様子を見るものの、相変わらずの豪雨で何もわからない。
でもすぐそこの睡蓮鉢のとこでヤカンが・・・・



・・・ヤカンが・・・って・・・





ヤカンな訳ないだろうっ;;;
( ↑ ようやく頭のピントが戻った)






傘がたわむほどの雨が続き、庭はすっかり水没。

犬か猫か分からないけれど、こんな状態で一晩雨に降られ続けたなら、
急いで見つけないと死んでしまう。

運悪く、oiさんも私も体調不良やらフィリピン出張やらで手が回らず、庭は雑草だらけ。

声がする辺りは秋明菊とヒュウガミズキと睡蓮鉢で藪になってしまっていて、
手を突っ込んで万一またヤマカガシが居たら、もう即アウト(日本に一か所しか血清が無い。)だなー;;;と覚悟し、
少しずつ周囲から植栽を折って確認していくも、なかなか見つからない。

10分探してはへたり込み、ちょっと休んではまた探し、
水連鉢を動かしたりして繰り返すこと二時間半・・・・・




分からんはずです・・・

三毛だったとは・・・

私はてっきり赤玉土だと・・・(ぐったり。。。




360グラムの赤玉土は、怪我もなくカビもなく耳も目も綺麗。

恐らくは大雨で居場所がなくなった母猫が、移動させる時に諦めた子ではなかろうか。

それでも、それまでは母ちゃんが頑張って育てていてくれたから、
人でも危ういあの豪雨の中、水に浸かったままでも一晩持ちこたえられたんだろうねえ。

すごい強運とガッツだな、赤玉土。




おっと、ヤカンがまた鳴りだした。
b0003512_12111950.jpg

名前が決まるまで、しばらくおまへは「赤玉土」だ。
たんと食べて、体力つけろー。




猫神様・・・・・誕プレは嬉しいですが、出来れば以降は猫以外にしてください・・・・・
危うく私の方がオダブツですよ・・・・・バタッ。。。

御用とお急ぎで無い方は、
ニボシのお布施をお願いします~。

野良っちが食いっぱぐれてたら、
拾ってあげられなくても、せめてお接待してあげて~。
いつでも里親募集中
でも、できたら救ってやって~。

by hiroko_wada | 2016-06-24 12:23 | 猫猫猫犬 | Trackback | Comments(36)

郵便局に電池を出してみたら




リチウムイオン電池の航空機による輸送が先ごろから禁止されとりますが、
大分の郵便局さんは、ちゃんと基本的な知識を周知させとらんようですねえ・・・。



電池と聞いたら即シャットアウト!
リチウムもアルカリも関係なし!
電池! 電池って名の付くものは禁止!! 受け付けん!!!




可哀想に・・・

リチウムもアルカリも充電池もない、
電池が一種類しか無かった時代を、まだ生きてるのね・・・





事の発端は近所の簡易郵便局。


すごく近いんだけれども、ここのおっちゃんは仕事がとにかく遅い。

動作一つ一つを指さし確認し、作業を行きつ戻りつするものだから、急いでいる時には鬼門なんだけれど、
近所の人でもあるし、おばちゃんとは仲良しなので、出来るだけここに行くようにしている。

が、今日は運悪く、切れ者のおばちゃんは留守。
おっちゃん一人が座っていた・・・・



おっちゃんだけか・・・・



と、思いつつ、ちょっと深呼吸で、イライラに備える。

落ち着け、仕事はとてつもなく遅いし、とてつもなく確認がくどいが、
近所の人だ、急かしてはならん。 
同じ梱包、同じ中身、同じ重さ、そう時間はかかるまい。
ってか、かけようもなかろう、うむうむ、すーはーすーはー。



おっちゃんはいつものごとく、送り状を書いている間に、
スナック菓子ほどの箱をミリ単位まで慎重に測って読み上げる。

そして残念そうに一言、








「レターパックには入らんねぇ。」







・・・・ええ、見た感じ、絶対入らないと思いますよ・・・・
だから今、ゆうパックの送り状書いてるんです・・・・(ガックリ





そしてこれまたいつものごとく、中身を根掘り葉掘り聞くはずだ。

「雑貨」の一言でくくろうものなら、延々と追及が始まるのが分かっている。
以前黒riderに細々とくだらないものを沢山詰めて送ったとき、品名すべてを小さい欄に書かされ、
それらが変なものだらけだった為に、おばちゃんの制止がなければ開けて確認されていた。

が、今回はそうはさせるものか(メラメラ

今回は単純に、LEDのランプと、それに使用するアルカリイオン電池だ。
梱包もガッチリ、送り状も落ち度はない、いざ勝負!!!




と、思ったら、上記のアレですよ・・・・
「電池と名の付くものは禁止!!!」




リチウムイオン電池の空輸禁止については知っています。
入っているのはアルカリイオン電池で、きちんとパックされています。
アルカリイオン電池でも気になるなら、陸路で構いません。


が、それに対する答えが、









ほら、ここに貼ってあるでしょう、
花火はダメなんです!







マテwww
いつ花火の話になったwww



あまりの奇襲に一瞬「えっ?」となったところに、今度は別角度からの質問が飛ぶ。






「LEDキャンドルとは、どんな感じのものか。 
             明るさは?  電池は何個で? 」





アンタろくすっぽこっちの話は聞かずに突っぱねといて、
よくまあそんな質問してくるな・・・・と思いつつも、

装飾用の大きいキャンドル風で、明かりが揺らぐ。
タイマーで4H、6H、8Hと設定できて、勝手に点いて、勝手に消える。
電池は一つにつき単四アルカリ三本。
充電池にしたかったが、充電池は航空機はダメと聞いたのでアルカリ電池にした。
なのでゆうパックでも大丈夫なはずですが、不安なら陸送でお願いします。

と、さりげなく荷物の話に戻したんだけれど、電池と聞くや否や、ダメ連発・・・。
ダメ連発しつつも中身には興味があるようで、押し問答の挙句、
お得意の「開けて見てみないと。」を発動。






開ける? こんだけガッチリ梱包してあるものを?

受け付けないと言いつつ、見てみるために開けさせる?

アンタ何言ってるか自分で分かってる???

受け付けないということは、
この荷物はアンタに一切関わりのない、お客の私物ということだが。

その私物を単なる興味で見てみたいから、厳重な梱包を自分の為に開けろと???

頭大丈夫なのか?????






ここに至り、もう近所のよしみが胡散霧消。

どれから、どこから開けようかと、張り付けた送り状を剥そうと始めたので、
「もう結構です。別な所から送りますので、返してください。」と言うのだけれど、
今度はぐずぐず言い訳しながら、なかなか手放さない。



おっちゃん・・・・
急いでそれ、返しなさい・・・・・

私が放電する前に返した方が、周辺にある機械の為だぞ・・・・・
イライライライライライライライライライライライライライライライライライライラ



あまりにも返さないのでちょっと語気を強めると、やっと渋々返却。
が、ふと見ると、送り状に既に〇〇郵便局の判が押されている!



・・・っこ・・・・この・・・・・ 
バカタレがあああああ!!!!!
  ↑
せっかく送り状書いたので、まともな局に持って行こうと思っていた。
b0003512_1841386.jpg

ビシッッッ!!!!!




とてつもなくイライラさせられましたが、その後別の郵便局で、

単四アルカリイオン電池入り。
アルカリイオン電池はOKなはずですが、陸路でも結構です。

と、前置きして送り状を書き直し、陸路で無事発送。


でもねえ・・・・


そこの郵便局も、リチウムとアルカリと充電池の取り扱いの違いについてはよく知らず・・・
単に「前の局でひどい目にあわせてゴメン;;;」という感じで、陸路ならと受けてくれたようだった。


全国で取り扱う荷物の中で、災害だのなんだので必要な電池は、
そんなに少なくもないと思うのだけれど・・・

そしてその少なくない荷物についての知識や詳細な取り扱いが、
きちんと周知されていないのはいかがなものか。

もうちっと、なんとかしてくれたまい。



クロネコとかだと、きっとちゃんとしてるんだろうなー。 ←とてつもない猫贔屓

御用とお急ぎで無い方は、
ニボシのお布施をお願いします~。

野良っちが食いっぱぐれてたら、
拾ってあげられなくても、せめてお接待してあげて~。
いつでも里親募集中
でも、できたら救ってやって~。

by hiroko_wada | 2016-06-14 19:10 | 猫猫猫犬 | Trackback | Comments(14)

とろける猫




今日も蒸す・・・・
b0003512_1617925.jpg

芹がちょっと、溶けてきたような・・・・



室内気温28度、湿度55%、べっとり暑いなーとゲンナリしていたけれど、
ふとフィリピンの天気をのぞいてみたところ、なんと気温29度、湿度86%・・・・・

なんでいつも雨季に出張かな、運の悪い奴め・・・・
きっと日頃の飯の行いが悪いからに違いない。
イキロ、oiさん・・・・




田んぼしかない北の窓から、もう数時間、今まさに煮込んでる最中って感じの、
鶏ガラスープの匂いが漂ってくる・・・。
・・・謎・・・。

御用とお急ぎで無い方は、
ニボシのお布施をお願いします~。

野良っちが食いっぱぐれてたら、
拾ってあげられなくても、せめてお接待してあげて~。
いつでも里親募集中
でも、できたら救ってやって~。

by hiroko_wada | 2016-06-13 16:35 | 猫猫猫犬 | Trackback | Comments(12)

みずたまコロコロ




周囲の麦畑がほぼ田んぼに変わり、
夕べから突然、カエルの大合唱が始まった。
b0003512_14321427.jpg

早く田んぼに水が行きわたるといいなあ・・・・
砂埃と熱風が、今年はなんだか特にこたえる・・・・






毎年用心していても、はっと気づけばぶっ倒れてる六月・・・・・
親父のマダラボケに翻弄されつつも、なんとか蜂窩織炎までは至らず済んでます。
b0003512_14321634.jpg

昼間は灼熱なのに、夜は冷えるこの季節、みんなも体調こわさんごと。
水分補給、忘れんごと~。




拭き掃除がめっちゃしんどくなったので、回転モップを買ってみた。
が、暑さで箱を開ける気が起きない・・・・出すのはまたにして、いつもの雑巾にするか・・・・・

御用とお急ぎで無い方は、
ニボシのお布施をお願いします~。

野良っちが食いっぱぐれてたら、
拾ってあげられなくても、せめてお接待してあげて~。
いつでも里親募集中
でも、できたら救ってやって~。

by hiroko_wada | 2016-06-10 14:55 | 花模様 | Trackback | Comments(12)