Tweet

<   2017年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

御利益




土曜日のこと。


先週山の方で降った雪が、まだ残っているようだったので、
猫どもに早朝に起こされたついでにドライブへ。
b0003512_21283010.jpg
標高が上がるにつれて、道に時折残雪で出来たアイスバーンが現れるものの、
レガシィ+スタッドレスだとあまり不安は感じない。
が、そろそろ替え時ではあるので、この時も氷を踏むたびに、
グリップしているかを確かめつつ走っていた。


久住山の牧ノ戸峠を下った際に、少し甘くなってるなー・・・と、
oiさんも私も感じていたけれど、以前行き損ねた場所にも行ってみることに。




前回初めて行った際は降ったばかりの締りのいい雪で、積雪も少なく、
意外とスムーズに上の方まで行けたんだけれども、oiさんが疲れていたこともあって、途中で引き返した。
b0003512_21352288.jpg
路面に残ったタイヤの跡を撮って指さし、「見ろ、あれがおまえの限界だw」と言うと、
「ううwww くっきりwww」とoiさんも自分で撮って、笑いながら帰宅。

帰ってgoogleで見てみると、このすぐ先で道は終わっていて、
そこが広い草原になっているようだった。
そして、そこに再度上っていく途中で、レガシィは突然コントロールを失った。




長い直線の急傾斜。

数日前に降った雪が溶けて流れてまた凍り、それを繰り返したためか、
路面を透明な氷が覆いつくし、それを隠すように上から雪が積もっていた。

タイヤは全くグリップしなくなり、ゆっくりと下りはじめ、少しずつ加速していく。



ミラーで後ろを確認すると、30mくらいの直線の先に、雪も氷もない丸い路面が見えた。
右側のガードレールから50cm程の場所、大きさは50cmの円程度。
道幅は4m程、左側は溝と山肌。



既に自転車で進むくらいの加速はついてしまっているけれど、あの円に右の後ろタイヤが入ったときにブレーキをかければ、
頭は左右どっちかに回転してガードレールに当たるかもしれないが、滑り落ちていく勢いは、かなり殺せる。
が、ガードレールの向こうは崖なので、ほぼコントロールできなくなっているレガシィを、
おいさんが落ち着いて崖側のガードレールに寄せられるかどうか・・・・



以前、交差点がすぐ先にあると二、三度繰り返して言ったにもかかわらず減速せず、
いざ交差点に気づいたらパニックを起こしてサイドブレーキを引き、交差点に滑りこんでいくわ、回転するわという、
面白いことをやりおった(なのになんとなく無傷でパーキングエリアに静かに停止させて事なきを得た)ので、
とにもかくにも落ち着いて挑んでいただかねば、一度しかないチャンスを逃してしまう。



集中して操作しているのを邪魔せぬよう、まず無言でチラリとおいさんの方を見ると、
意外に落ち着いて穏やかな顔をしていた。
慌ててサイドブレーキを引いてもいないし、じりじりと右のガードレールに寄せて、いい具合に溶けている円に寄せている。
なので私は、おいさんもあの円に気づいて利用しようとしているのだと思い、
タイヤが円に入るタイミングだけに集中。



少しずつ、少しずつ、

横滑りさせないよう、円に着くまで少しでも勢いを殺すよう、ブレーキとハンドルを操作するおいさん。

そして、「入った。」の声で、ドンピシャで右後輪が円を捉えて、奇跡的に回転もせず静止。



一点しかないチャンスを逃さず、回転もさせずに停めたおいさんに「スバラシイ。やるなあー。」と声をかけ、
uターンさせるための場所を見に降りようとドアを開けてビックリ。



路面全体が、厚み3cmはある透き通った氷になっていたwww



足で降りるのもままならんようなところを、よくぞあの勢いから停めたもんだと驚き、
改めておいさんを見ると、何かとても邪気のない笑顔でニコニコニコニコしている。




そーかそーか、レガシィ壊れなかったからほっとしたのか、
良かったなあ、頑張ったなあ、ヨシヨシ。




と、思ったが、何かひっかかる。
が、何がひっかかるにしろ、まずは脱出しないと落ち着いて考えられない。




傘の先でコツコツ叩いて確認して回り、停止させた円の5m程先の山側の溝が、
落ちてきた砂利で埋まっているのを発見。

道幅は止まったところの方が広いが、右後輪が乗った場所以外は完全に氷で、
Uターンさせようとすると滑ってまた下り始めるか、山側の溝に落ちる可能性が高い。
それよりも、その円を利用して向きを変え、5m先の砂利でグリップさせ、
前後は30cm程しか余裕がないけれど、じりじりUターンしたほうが安全に回れそうだと判断。


タイヤの位置をじっくり定めて、おいさんに指示を出し、狙いどうりに砂利を踏んで足場を確保。


あとは少しずつ前後させて、頭を下山方向に・・・・と始めた時、運転席から顔を出したおいさんが、
またもとてもニコニコしているのに気づいた。




停まったときにニコニコしていたなら分かる。

が、今この前後10cmくらいの余地しかない、凍った場所でのUターン時に、
何を余裕かましておるのだ?



と、さっき感じたひっかかりを、ハタと思い出す。






まさか・・・





まさかもしかして・・・・





おいさん壊れかけてんのかwww





ふと見れば、ニッコニコのおいさんを乗せたレガシィが、
ターンテーブルに乗ったかのように、ゆっくりと回転している。




てことはアレか?




これはおいさんが狙って動かしてるんじゃなく?




滑って勝手に回ってるということかwww




焦って問い詰めてパニックになってアクセル噴かされるとマズいので、
とりあえず普通に尋ねてみる。




私 「めっちゃいい感じにターンテーブル乗ってるみたいやけど、
      狙ってやってるんじゃないんやな?」


おいさん 「うんw」



私 「笑ってるのは嬉しいからじゃなく、
        いっぱいいっぱいだからか?」


おいさん 「うんwww」



私 「精神が壊れるのを防止するために勝手に出るっていうやつかwww」



おいさん 「多分そうwwwww」



私 「まさかと思うが、さっき停めた時もその状態で、実は無策だったのか!?」



おいさん 「何で止まったんやろwwwwwwww」





ヲイwwwww
b0003512_00280838.jpg
今頃崖下で凍って、
「在りし日の・・・」と載せられていたかもしれないレガシィ・・・・


Uターンできた後も難所は続き、だいぶん降りたところにもかかわらず、
後から登ってきていたらしいデミオが、ヘアピンでくるんくるん回っているのに遭遇。
笑顔が張り付いたままおかしくなっているおいさんは、その後ずっと40キロで走り、
後続車が現れる度に道を譲り、すっかり心が折れた状態で帰宅。

無傷はホント奇跡だな・・・と、思いながら部屋に入ったとき、
ふと、たこぷーさんから届いた鷽が目に入った。



そういえば・・・・
今日は何故か、道中何度も頬と腹がピンク色の鳥が前を横切った・・・・
アレ確か鷽じゃ・・・・
おいさんに確認すると、おいさんも何度も見たので覚えていた。



慌てて特徴を検索すると、どうやらアカウソだと判明。



脅しが相当効いたのか・・・(オイ;

うちに来た鷽は、早速ものすごい働きをしたよ、たこぷーさんwww
あいつをよこしてくれて、ありがとうーーー!!!



明日おなかに梅マーク入れてやろうっと。

御用とお急ぎで無い方は、
ニボシのお布施をお願いします~。


野良っちが食いっぱぐれてたら、
拾ってあげられなくても、せめてお接待してあげて~。

いつでも里親募集中

でも、できたら救ってやって~。




by hiroko_wada | 2017-01-31 01:12 | 立ち止まらせる風景 | Trackback | Comments(15)

鷽が来た




たこぷーさんが、今年も頑張って鷽をもらってきてくれた。
b0003512_19212034.jpg
毎年会社を休んで、寒い中、早朝からすごい行列に並んで連れ帰ってくれる鷽。
今年のコイツで、五羽になった。



たこぷーさん、毎年寒い中を本当にありがとうっ。

年明けに親父が突然ボッケボケの徘徊ちゃんになってしまい、
昨日とうとう入院したとこでねえ・・・
一緒に暮らしてくれていて、昼夜問わず大変だった弟二号家族の元に、
平穏が戻りますようにと心から願ったよ・・・




と、しみじみ有難さを噛みしめつつ、写真を撮っていたところ、
ふと気づいた。




あれ?


トレードマークの腹の梅はどうした?


まさか描き忘れか!?


って、よく見たら材も違うのになっている・・・



不思議に思いつつも、写真を取り込むのにPCをつけたところ、
skypeに黒riderを発見。

ヤツのところにも来ているはず、と思い、
つかぬ事を伺うが・・・と尋ねたところ、やはり梅マークが無いという。
ふと見ると、鷽の入っていた包みの絵にもマークが無い。

今年から無くなったのかなあーと話しつつ、そういやずっと昔に親父と行った、
太宰府天満宮の骨董市で買ったアレがあったな・・・と思い出し、
ちょいっと乗せて写メを送ってみた。
b0003512_19463976.jpg
古布のハギレで作った梅の花。
描いてもらえなかった腹の梅マークの代わりにと思ったけれど、
何故か還暦の人風になってしまう・・・



すると、入れ替わりに黒riderからも写真が送られてきた。



・・・・まだヤツは載せていないようなので詳細は控えますが、
古代のナニと鷽が、グループサウンズ風に並んで立っておりました・・・・




何故だ。

何故そんなものと一緒に並べるのだ。

一体この女はどういう頭をしているのだ;;;



あまりにも意味不明な鷽と古代のナニの共演画像に、
つい私も手元にあったコレで対抗してしまった。
b0003512_19532642.jpg
金印。
祭祀的な感じにすべく、背景のディスプレイに炎を表示。




すると更に、ミステリーハンター的な絵面を送ってきた。

だからwww 
アンタ一体どうしたいんだ鷽をwww




もうそこから先はお互い意地になり、
アイデアが出ぬまま、大事な鷽をウッカリ積み上げてしまい、
b0003512_20031729.jpg
・・・キャンプファイヤー・・・・



いかん、これはいかん。

これでは焼き鳥になってしまうではないか。



と、慌てて立てようとした瞬間、三毛迷彩が眼前を横切り、
酉年の鷽が消失。






もーーーくーーーもーーーーくーーーー####






そこで猫飯の時間になり、とりあえず休戦となった。





落ちる間際「お互い頑張ろうwww」などとまだ闘志を燃やしていたので、
もくもくが蹴散らした跡を利用して撮ったのがコチラ。
b0003512_20152676.jpg
頑張れ酉年の鷽。
きちんと働いて弟二号家族に幸運をもたらさないと、
三毛迷彩が迎えに来て、マジでこうなるぞ。

フフフフフフフフ。



ちゃんと働いたら、年度末に腹に梅マーク描いてやろう。

御用とお急ぎで無い方は、
ニボシのお布施をお願いします~。


野良っちが食いっぱぐれてたら、
拾ってあげられなくても、せめてお接待してあげて~。

いつでも里親募集中

でも、できたら救ってやって~。






by hiroko_wada | 2017-01-27 20:31 | Trackback | Comments(9)

水晶さざれが降るような




透き通った結晶になった氷の粒が舞う、
分厚い雪雲の下の、暗いクヌギ林も・・・・
b0003512_09522102.jpg
時折雲間からの光が射すと、
別世界のように周囲一面が輝き始める。

まるで水晶のさざれ石が降るような、
ずっと見ていたい(もちろん車の中からw)光の乱舞。



後五年くらいで、シイタケのいい原木になりそうな。
大分から出て初めて知った、大分の原木シイタケの別物な旨さ。

御用とお急ぎで無い方は、
ニボシのお布施をお願いします~。


野良っちが食いっぱぐれてたら、
拾ってあげられなくても、せめてお接待してあげて~。

いつでも里親募集中

でも、できたら救ってやって~。




by hiroko_wada | 2017-01-20 10:23 | 立ち止まらせる風景 | Trackback | Comments(9)

老描と侮るなかれ





先日、ふーがが合流した日に、実質的支配者は芹だと言いましたが、
アレはどうもワタクシの勘違いだったようです・・・・

ふーがを配下におさめたかに見えた雷坊が、
b0003512_09210685.jpg
オレ様発動でトップの座を狙うものだと思っていたのですが・・・・




全員集まるとね・・・・
b0003512_09220048.jpg
如実に分かる、猫の序列・・・・
(日向と高い場所は常に強者のもの。床で日陰な雷坊・・・哀れ・・・)



一口でも不満を言おうものなら、
b0003512_09231433.jpg
こうです((((;゚Д゚)))





麦13歳・・・・
b0003512_09260595.jpg
技のキレも衰え知らず・・・・
まだまだ悪の秘密結社・麦々有限公司総裁の座は譲らない。。。



弱い・・・弱すぎる・・・
先に気迫で負けるので、ケンカにすらならない・・・
雷坊男子チーム、予想どうり最弱・・・・

御用とお急ぎで無い方は、
ニボシのお布施をお願いします~。


野良っちが食いっぱぐれてたら、
拾ってあげられなくても、せめてお接待してあげて~。

いつでも里親募集中

でも、できたら救ってやって~。






by hiroko_wada | 2017-01-19 09:39 | 猫猫猫犬 | Trackback | Comments(10)

由布岳雪化粧





b0003512_12053151.jpg
雲の合間に隠れて出てくる度に、白さが増していく由布岳の山頂。





やまなみハイウェイが走る、久住から阿蘇にかけての高原に、
雲間から落ちる光がとても綺麗だった。
b0003512_12073034.jpg
が、




寒いっ((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル
死ぬ、マジで!!!




なので・・・





山だと熱っついコーヒーが格別旨いんだよねえー。
と、さも極寒の中で耐えたようなこと言いつつ、
b0003512_12132963.jpg
車内から出来るだけ出ずに、
片足だけとか、片手だけとか、レンズだけとか、ほぼインドアで撮影。
アハハハハー♪


と、言うと、いつも黒rider
「ちゃんと撮れwww」
と怒られるんですが・・・


あいつ一回ここに連れてって、
10分くらい外に放り出してドアロックしてやらんといかんな。

体感温度-10度下回った場所で、
じっとしたまま風速10mの風にさらされ続けると、
景色とか写真とか、どうでもよくなるという体験をさせてやろう。

ブルブルで手ブレするなよ、
ちゃんと撮れよ、フフフフフ。




雪景色は、あったかいとこから眺めるのが幸せなんだぞ。
例えダウンで重装備してても、
ワシはあったかいとこから出ないったら出ないったら出ないっ。

御用とお急ぎで無い方は、
ニボシのお布施をお願いします~。


野良っちが食いっぱぐれてたら、
拾ってあげられなくても、せめてお接待してあげて~。

いつでも里親募集中

でも、できたら救ってやって~。






by hiroko_wada | 2017-01-17 12:46 | 立ち止まらせる風景 | Trackback | Comments(6)

十年ぶりのタマ取りの儀





とうとう別れの日がやってきた・・・・


雷坊のダークグレーのプリケツに、
燦然と輝く白いタマタマを撮り損ねたままお別れし、
後で気づいて後悔して後悔して後悔し続けた、
あの日から十年・・・・


久々に拾った宝玉は黒曜石。
b0003512_10094704.jpg
未だ原始人な彼のタマタマを撮るのは容易ではなかったけれど、
私はやったよ・・・今度こそ成し遂げたよ・・・・
お別れの日に、何とか間に合ったっ!

なんと微笑ましいフォルムであろうか・・・くうっ。。。(感涙

ほとんど拝む機会がないままに、タマ取りの儀を迎えてしまったけれど、
一枚だけでも撮れたことで、なんというか、アレの気分です。
拳を天に突き上げた羅王の「我が生涯に一片の悔い無し!」的な。


ふうが、ありがとう・・・・
そして、スマン・・・タマタマをいただくぞ・・・・
b0003512_10541375.jpg
何事もなく、無事に帰ってきますように。
ニャムー(;人;)



27インチの画面いっぱいにタマタマ画像を背景表示中に義両親来訪。
猫好き三人でコーヒー飲みつつ、マジマジとタマタマを鑑賞するはめにw

御用とお急ぎで無い方は、
ニボシのお布施をお願いします~。


野良っちが食いっぱぐれてたら、
拾ってあげられなくても、せめてお接待してあげて~。

いつでも里親募集中

でも、できたら救ってやって~。





by hiroko_wada | 2017-01-14 11:05 | 猫猫猫犬 | Trackback | Comments(14)

久住 三俣山彩雲





b0003512_09595152.jpg
まだ山より低い太陽が照らす、九重連山の三俣山。
次から次に雲が生まれて、七色の光に染まる。





b0003512_10030716.jpg
凍ってる凍ってる、ブルブルブルブルブル;;;






b0003512_10095731.jpg
あああ、ようやく朝日が山を越えたああああ(ホッ。。。





明日は九州も雪らしい。
b0003512_10061966.jpg
どなたさんも、防寒対策お忘れなく。



こんな日はトマトシチューでも作るかな。
シチューに蕪入れると旨いんだよねえ(〃ω〃)

御用とお急ぎで無い方は、
ニボシのお布施をお願いします~。


野良っちが食いっぱぐれてたら、
拾ってあげられなくても、せめてお接待してあげて~。

いつでも里親募集中

でも、できたら救ってやって~。


by hiroko_wada | 2017-01-13 10:15 | 立ち止まらせる風景 | Trackback | Comments(5)

風衙



名前は風衙(ふうが)。

b0003512_10090015.jpg
雷火(Leica)の弟分なので、レンズから取って
墨黒(ズミクロン)にしようかと思いましたが、長いのでw 
風神・雷神にすべく、風衙(衙は、防ぐ・護る・役所とかの意味)になりました。

高台で、台風でいつもヒヤヒヤする我が家の重しになるべく、
日々食って食って食いまくり、小型の姐さんのようにまるまると増量中。

以後よろしゅうお付き合いください。


さて、この新入り風衙ですが、
b0003512_10110913.jpg
ヒトもネコも、年末に次から次へと順番に倒れてぐずぐずだったので、
にゃろうどもの不調が一段落した元日、ようやく家猫トレーニング開始しました。



まずは猛烈なヤキモチ焼きだけれど、
比較的フレンドリーな雷坊と顔合わせ。



風衙はニンゲンに対しては、このように↓とても心が狭いのですが、
b0003512_10192901.jpg
ムッツリ・・・・。
(特においさんに対する無視ぶりは、
黒rider家の名古屋嬢ふじこちゃんとアバンチュールしてきたのに気づいた芹並み。)


さすがもくもくの兄妹というべきか、賢者三毛母ちゃんの息子と言うべきか、
アニキぶりたい雷坊心をおだてて持ち上げ、アッサリ篭絡。


いつもの雷坊なら新入りが来たとたん、身悶えしつつヤキモチをマル焦げになるほど炙ったのち、
風呂場で暑苦しく心情を歌い上げ、家中にシッコテロを始めるところですが、
今のところ一度も起きておりません。


近寄る者は問答無用で瞬殺するほど猫嫌いな麦に、
添い寝を許させる奇跡のもくもくの弟は、やはり奇跡なのだろうか・・・・
と、一瞬思いましたが、
b0003512_10245134.jpg
足長なもくもくと違って短足へっぴり腰なので、
おどおどとウロウロする様はまるで巨大なダンゴムシ。


この状態だと、麦と芹にはさぞ折檻されるだろうな・・・
心が折れてしまわないように、あの二人は刺激しないように言い含めなければ・・・
と思っていたら・・・・




バチーーーン!!!
b0003512_10401383.jpg
実の姉の方が、ひどかったwww




三が日の間、ただひたすらに手向かいせず、もくもくに殴られ続けた風衙。
b0003512_10411157.jpg
もはやサンドバッグ・・・




風衙よ、今のうちにオンナの恐ろしさに慣れとけ・・・・
麦も芹も、礼儀知らずには、その何倍かひどいからな・・・・



ちなみに今、世界情勢はこうだ。



ハンモックにヒラリと飛び乗った姿に惚れた、
おまへが人生の師と定めたアニキは、
b0003512_11124649.jpg
        ↑
        今ここ。



だかしかし、彼は実力者二人の乳母であるため、
b0003512_11201551.jpg
才覚はなくとも、とても厚遇されている。




おまへに残されたのは、まだ未知数の姉との血縁関係のみだが、
この姉は、少々細かい配慮に欠ける。
b0003512_11223296.jpg
もくもく!!! 〇芝はダメでしょ東〇はwww
我が家はパナでしょwww

(と、言った後に気がついた。
オーディオはSONYでスピーカーはJBLとYAMAHAだな・・・
そこはTechnicsであるべきではないのか、裏切者おいさん。)





さあ風衙、今日から全区画解放してやろう。
出世すごろくの始まりだ。

意外と愛されキャラなアニキにつくか、
自由すぎて未知数な姉か、
b0003512_11265451.jpg
おまへの今後を、楽しみに見せてもらおう。
フフフフフフフ。



・・・・どうやら芹に一目惚れらしく、一目見たさにストーキングで一発KO。
物陰から眩しそうに見つめ続けております。若造は甘酸っぱいのう・・・。


御用とお急ぎで無い方は、
ニボシのお布施をお願いします~。


野良っちが食いっぱぐれてたら、
拾ってあげられなくても、せめてお接待してあげて~。

いつでも里親募集中

でも、できたら救ってやって~。




by hiroko_wada | 2017-01-11 11:46 | 猫猫猫犬 | Trackback | Comments(16)

あけましておめでとうございます



にゃろうどもの下敷きで、もがきつつ目覚めるいつもの朝。

地震や台風が多く、大きくなって、
ある日急にフツーじゃない日々に突入してしまうここ最近。

フツーに過ごせることの幸せを噛みしめつつ・・・・
b0003512_10014392.jpg
本年も肩の力を抜いて、のんべんだらりとお付き合いください。



さてっ、新しく作ったフライで、にゃろうどもをゼイゼイ言わしたるっ。
大掃除を邪魔しまくったにゃろうどもよ、
グラスファイバー竿を握ったキャスティングの鬼の恐ろしさを見るがいいっ。


御用とお急ぎで無い方は、
ニボシのお布施をお願いします~。


野良っちが食いっぱぐれてたら、
拾ってあげられなくても、せめてお接待してあげて~。

いつでも里親募集中

でも、できたら救ってやって~。



by hiroko_wada | 2017-01-01 10:16 | 猫猫猫犬 | Trackback | Comments(13)