Tweet

<   2017年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧

…燃え尽きた…





グリーンの床の岡山ドーム。



目鼻立ちも分からぬ程に日焼けし、揃いの黄緑のユニフォームを着た、
ゲートボール大分県代表の宇佐チーム。



ブレている。



傾いている。



服の黄緑色と顔の焦茶色に騙されて、
一枚ずつ明るさが異なっている。



そんな写真を、おいさんが700枚置いていった・・・・・
b0003512_20551245.jpg
屍。。。





義父が久々にゲートボールの全国大会へ、大分県代表で出場。

せっかくなので、父の日の贈り物として全国大会用のユニフォームを作り、
当日はおいさんがコッソリ遠征し、撮影したものをフォトブックにしようということに。

が、運悪く大会前日までおいさんは出張で関東に。
夕方に博多に帰り、カメラを抱えてそのまま岡山までダッシュ。

頑張ったな、おいさん。
もうブレてようが傾いてようが、撮ってきただけでスバラシイぞ。
b0003512_21123820.jpg
と、思いつつ現像を始めたけれど・・・・



700枚もあると、
黄緑色が地味にツライWWWW



あああああ、

目が、目がぁぁぁ~~~~!


御用とお急ぎで無い方は、
ニボシのお布施をお願いします~。


野良っちが食いっぱぐれてたら、
拾ってあげられなくても、せめてお接待してあげて~。

いつでも里親募集中

でも、できたら救ってやって~。



by hiroko_wada | 2017-05-31 21:14 | 猫猫猫犬 | Trackback | Comments(4)

六兎を追う・・・




ここをご覧になっている皆様にはバレバレでしょうが、
ワタクシとってもあやふやな感じでテキトーに撮ってる愚か者でして、
難しい条件が重なると、一気にめんどくさくなって投げ出すズボラ野郎です。

そして、あやふやでズボラなので、無理難題を合成して解決、
というマメな人の技とか、そこまでの情熱も持ち合わせておらず、
シャッターボタン一つで解決したいナマケモノです。

が、そのズボラ野郎が昨晩、弟2号夫婦に花火を撮りに連れて行ってもらって、
久々にとっても撮りたいと思う景色に遭遇・・・・・



国東半島の夕暮れ時の海岸、岩礁。


左手には台風で流失したってのに、
驚愕の帰巣本能で戻ってきた観音様の、岩に穿たれた祠の灯り。


向かいには七不思議の姫島が月のない海に紛れて、
海岸沿いの街灯の明かりだけが見える。


空には満天の星。


真水の気配が一切無いのに、
海岸には何故かゲンジボタルが舞っている。


そして、そんな風景の中に、
姫島から4000発の花火が30分間で打ち上げられる。
b0003512_15320652.jpg
私には無理だと分かってても、
六兎を追いたくなるんですようっ(´;ω;`)



とりあえず姫島と花火を見に来たので、この二つははずせない;;;
しかし月が出なくて、5キロ先の姫島は真っ暗。
花火の明かりも島全体を浮かばせるほどではない。

島を写す為には感度を上げるか長時間露光だけれど、
それだと満天の星空も蛍も写るだろうけれど、花火はどうすんじゃい。
しっとりした色の初夏の夜空に、
火の玉が豆のように小さくドーンってことになるじゃないか。

ああっ、待てっ!!!
全景入れたら蛍がチリのようで何者か分からんっw

ギャー――――なになになに!?
今のナニwww
あ゛っ、コウモリかwww

街灯の下に居たので、虫を追ってコウモリ出現・・・・
カメラに近い明るい場所を、街灯の明かりに照らされたコウモリが横切りまくり、
絶景よりコウモリが主役の絵に;;;


ムリwww 
b0003512_16035668.jpg
もうギブwwwww
    ↑
知恵もマメさも無いのでレンズ付け替えることすらもせず、
16-50mmで適当ズームしてみたモッサリ花火。



花火と花火の合間の時間を利用して島影と星を映し出し、
その後打ち上げ始めた、大きくて暗めの色合いの花火一発を入れ込んでみた、
b0003512_16190502.jpg
六兎を追おうとして、結果三兎になり、三兎でも自爆の図・・・・(サメザメ。。。)




ちなみに、義妹が一緒に並んでスマホで撮っていた絵がすごく綺麗で衝撃を受け、
己の鉄アレイ(一眼)がアホらしくなり、危うく港に不法投棄するとこでした。
b0003512_16345588.jpg
あの景色は・・・・
どう撮ればよかったんでしょうね・・・・

コウモリ主役かな、やっぱ・・・

シクシクシクシク。。。
シクシクシクシクシクシクシクシク。。。



山から吹いてくるスイカズラの甘い芳香の中、
花火の明滅に惹かれて海に出て行く蛍が、綺麗だわ哀れだわ・・・
海を舞う蛍・・・微塵も写ってませんが、なんとも幻想的な光景です。

御用とお急ぎで無い方は、
ニボシのお布施をお願いします~。


野良っちが食いっぱぐれてたら、
拾ってあげられなくても、せめてお接待してあげて~。

いつでも里親募集中

でも、できたら救ってやって~。



by hiroko_wada | 2017-05-28 16:51 | 立ち止まらせる風景 | Trackback | Comments(10)

麦穂波




強い風に揺れる穂波を眺めながら撮っていると、
ジワリジワリと軽トラがついてくる。
b0003512_16121344.jpg
お邪魔かなと思って横道に避けると、避けた先にもついてくる。

何度かそれを繰り返した後で、
中から麦わら帽子の爺ちゃんが降りてきた。




挨拶もそこそこに、写真撮りよんのかえ、見せない(みせなさい)と言われ、
小さな液晶をのぞき込む爺ちゃん。

写真を見て、「うん」と頷き、「ついて来い」と言う。

案内されたのは、ちょっと離れた手入れの行き届いた麦畑。

爺ちゃん、もしやこれお宅の畑ですかwww




「あんしはずーそー(あの人はズボラ)で草を取らん。
ワシ方ん方が美しかろうが(エッヘン!)」




実は麦に混じった赤まんまが可愛かったので撮ってたんだけれども・・・
b0003512_16123152.jpg
爺ちゃんには内緒にしとこうw



多分、今週末は一斉に刈入れが始まる。
爺ちゃん自慢の麦畑が、豊作でありますように。



「ここからあっちのあそこまで全部ワシがん畑じゃ、ここらで撮れ」
・・・爺ちゃん・・・見渡す限り麦畑なので、正直境が分かりません;;;

御用とお急ぎで無い方は、
ニボシのお布施をお願いします~。


野良っちが食いっぱぐれてたら、
拾ってあげられなくても、せめてお接待してあげて~。

いつでも里親募集中

でも、できたら救ってやって~。



by hiroko_wada | 2017-05-26 16:39 | 立ち止まらせる風景 | Trackback | Comments(8)

無事終了




股関節骨折した親父の手術、肺炎で延び延びになっておりましたが、
昨日無事終わりました。 
b0003512_12370826.jpg
はふー、力はいったー、ぷしゅるるる~~~~。。。  
長い固定生活から、これでようやく寝返りがうてるように(´;ω;`)


肺炎で抗生剤を渡り歩いたため、免疫がガタ落ち。
まだしばらく油断はできませんが、とにかく一歩前進です。





が、




久々に三つ子のようにそっくりな兄弟三人揃ってしまった病室内は、
そんな諸々の深刻さがどうでもよくなる笑える光景に。

私   黒rider曰く、白いインド人。
弟一号 まごうことなくインド人。
弟二号 沖縄海人。

くどい・・・とてもくどい・・・・
部屋が狭く感じるほどにくどい、でかい・・・・・

特に一号は地黒な上に日焼けしていて、
写真に撮るともうスーツを着たテリヤキハンバーグにしか見えない。

システム開発をするインドアな仕事で、
何故ここまでのテリヤキになるのか・・・・

おまへもしかして窓際なのか?と尋ねると、モソモソと名刺を取り出し、
三菱マークのついた副部長の肩書を見せてきた。

そうじゃないw 
私が言っているのは席の位置だ、このバカタレwww

しかもこの兼ポジティブチームリーダーってなにw 
一番おめでたい感じの人ってことなのか!?w
おまへ完全に謎のインド人じゃないかwww
怪しい商売してんじゃないだろうなwww




と、世間様に顔向けできる仕事なのかと問い詰めていたら、
別室で先生に手術の説明を受けていた二号が部屋に戻ってきた。

追って看護師さんが手術の同意書にサインと捺印を、
と、バインダーを持って現れる。

机が無いのでベッドの枠にバインダーを乗せ、一号が動かないように支えてやり、
二号が次から次へサインと捺印をしている・・・というただそれだけの光景が、
前述の一号の妙な肩書を見てしまったがために、
ガンに効く水とかの詐欺商品を高額で売りつけられ、カモられている図にしか見えない・・・・・

そこでついウッカリ、

「詐欺られて怪しい商品を売りつけられ、実印を押させられているの図」

と正直なこの口が言ってしまったため、同じく正直らしい看護師さんが
「ぅふっ、ぐw」と笑ってしまったのを見てしまった。

看護師さん、アナタもそう思ったんですね、分かりますとも、ええ。
一号は我が弟ながら、果てしなく怪しいです、すみません。

ワタクシも強制的に兄弟の括りになってしまってとても不本意なのですが、
残念ながらクーリングオフできないんですよコレ・・・。
ホントもう悪質な詐欺で・・・。





この揃ってるだけで笑えて胃もたれするマリオ、ルイージ、ワリオな状態は、
二号んちの、白鷺のように白くてスラリとした義妹が仕事を終えて駆けつけてくれるまで続き、
そこからほどなくして手術も終了。


足がパツパツでもう限界だ・・・ヤバいな;;;とヒヤヒヤしつつ、
義妹が傘さしかけてくれるのに甘えてフラフラしながら駐車場に出ると、
一号がシルバーから塗り替えたと言っていた、かれこれ20数年は乗っているCR-Xデルソルが
目に留まった。



・・・・真っ黄色かよ;;;
どこまで胡散臭いんだおまへ;;;



最後の最後で、ガックリ膝が砕けそうに;;;



二号よ・・・

あいつが変な詐欺で捕まる前に、我等で始末をつけよう。
待合室でおまへが「お姉ちゃん買って」って言ってたモビルスーツみたいな重機な、
アレ、山奥まで行って穴掘れるかどうか、調べといて。
よろしく。



埋めてやる。 何かしでかす前に、親父の山に埋めてやる。
一号、おまへの墓標はギャバンのカレースパイスの缶にしてやろう。

御用とお急ぎで無い方は、
ニボシのお布施をお願いします~。


野良っちが食いっぱぐれてたら、
拾ってあげられなくても、せめてお接待してあげて~。

いつでも里親募集中

でも、できたら救ってやって~。



by hiroko_wada | 2017-05-25 15:07 | 立ち止まらせる風景 | Trackback | Comments(10)

陰のパワーバランサー





>ふーがはあれか、十両落ちして出番がないのか???

いいや、たこぷーさん。
ふーがはあれで、実はとても重要な任を、一人黙々とこなしているのだよ。

何しろホラ、姉がこういう
b0003512_14222610.jpg
誰にでも分け隔てない(相手構わず突進する)人なので、




って、まあこの芹の必死にしがみ付く手を見ていただきたい。
この必死さが猛烈な怒りに変わると、芹の白いパトリオットが数時間にわたり炸裂しますが、
b0003512_14235627.jpg
我が家の法を司る芹がそれを始めてしまうと、もう一気に大戦突入なのです。





争い事の大嫌いなふーがは、その事態を未然に防ぐべく、
ネズミ花火のような姉の動向に常に気を配っており、すぐさま駆けつけ、
b0003512_14305884.jpg
年長者を敬え! と制止する。





立ち合い時の姿勢の良さや技のキレ、雷坊の負けっぷりの鮮やかさなどで、
一見もくもく最強に見えますが、
b0003512_14354673.jpg
いや、以前は最強か!? と思われた頃もあるのですが、
日々勃発する姉の暴挙を鎮圧するうち、ふーがが圧倒的に勝るように。






とは言え、生来穏やかで争い事を好まない性格なので、
b0003512_14394838.jpg
出来るだけ穏便に、





もくもくの鼻っ柱を、ピンポイントで、ビシッ!
b0003512_14404781.jpg
と、まあこのように・・・・




粉砕して、更に皆に騒動の詫びまでしてまわるという、
今どきなかなか珍しい、出来る若者に成長。
b0003512_14454813.jpg
           ↑                                 
        相当効いたらしい…                   



強くなったからと言って、かさにかかって威張るでもなく、

ケンカには仲裁に入り、
ひたすら自分を叩かせて気が済むまで付き合ってやり、

雷アニキの忠実な手下として、日々傍で警護する。



と、いう感じで、ふーがは意外と実力ありなのですよ。





で、結局のところ・・・・・




b0003512_15053662.jpg
雷坊が最弱確定というのが、浮き彫りになるんですよ、ええ・・・・・
残念です、とても・・・・・



最近ジワジワと家庭内野良から家猫になりつつあるふーが。
大嫌いだったおいさんにも、勇気を振り絞って自ら歩み寄り中。

御用とお急ぎで無い方は、
ニボシのお布施をお願いします~。


野良っちが食いっぱぐれてたら、
拾ってあげられなくても、せめてお接待してあげて~。

いつでも里親募集中

でも、できたら救ってやって~。




by hiroko_wada | 2017-05-23 15:27 | 猫猫猫犬 | Trackback | Comments(7)

水辺





日差しは強いけれど、風は涼しい。
b0003512_12140849.jpg
四月に蜂窩織炎やってしまってから、なかなか足が復活せず、
もう知るかってんで、久々に近場の森の中へ。





涼しい木陰から見る、開いたばかりの若葉の綺麗さったらもう。
b0003512_12162768.jpg
たまこさんや、おいさん&ガク爺と、ピクニックに来ていた頃を思い出す。

以前は降りれた沢も、ほんのちょっとした段差を見る度に、
怪我したらまた蜂窩織炎かっ;;;と躊躇する。



あの頃からしたら、私もずいぶんポンコツになったなあ;;; 



まあでも、当初の予想では術後十年以上も生きれる気がしてなかったので、
よしとすっか! 
b0003512_12290659.jpg
ぎっくり腰を庇いつつ、猫背でふよふよと漂いながら撮るおいさんと、
この日たまたま出発直前に連絡を貰って一緒に来た、
森の妖精さんのように可愛いカメラ初心者のステキ女子が頑張る姿を、
のんびり座って微笑ましく眺めつつ、
無理にならん程度に、私もちょこっと撮っては座り、撮っては座り。


青い空に、緑が映える。
b0003512_12423908.jpg
森はいいねえ(〃ω〃)



もうね、もくもくが居ないっていうだけでね、
こんなにも世界は平和なのかとしみじみ・・・もう心からしみじみ。。。

御用とお急ぎで無い方は、
ニボシのお布施をお願いします~。


野良っちが食いっぱぐれてたら、
拾ってあげられなくても、せめてお接待してあげて~。

いつでも里親募集中

でも、できたら救ってやって~。




by hiroko_wada | 2017-05-22 12:51 | 立ち止まらせる風景 | Trackback | Comments(4)

安らかに





b0003512_20284073.jpg
琴子さん、白猫爺ちゃん、よう頑張ったねえ。。。



看病続きだった琴子さんが、ゆっくり眠れますように。
白猫爺ちゃんの案内は、アチラでズッシリ待ってる姐さん、頼んだよ。






御用とお急ぎで無い方は、
ニボシのお布施をお願いします~。


野良っちが食いっぱぐれてたら、
拾ってあげられなくても、せめてお接待してあげて~。

いつでも里親募集中

でも、できたら救ってやって~。






by hiroko_wada | 2017-05-20 20:44 | 花模様 | Trackback | Comments(6)

猫相撲宇佐場所





相撲の神様と言われる双葉山の、
でっかい銅像のプリケツが縁側から見えるからだろうか。

うちのにゃろうどもは、毎日毎日、猫相撲宇佐場所を開く。
b0003512_13285193.jpg
そういえばたこぷーさんおかみっちょんさんは相撲好きだったなと思い出し、
にゃつらの勝負の一部始終を載せて置いてみようと思う。




ギラギラと気合を高めあう二匹。
b0003512_13374438.jpg
塩とか猫砂とかがあれば、お互い盛大に撒いているに違いない。
が、絶対にやめていただきたい。




蹲踞。
b0003512_13431278.jpg
神聖な土俵では口を慎みたまへ、もくもく。
双葉山(の銅像が)背中で聞いているぞ!




はっけよい!
b0003512_13482744.jpg
のこったっ!





b0003512_13491617.jpg
相撲技、というより、お互い首をねじ切ろうとしているような気もしますが、
(゚ε゚)キニシナイ!!





b0003512_13505757.jpg
クロスカウンターを放ってるような気もしますが、
(゚ε゚)キニシナイ!!





だって行司が卑怯さに定評のある、
b0003512_13513425.jpg
麦だから!





長い取り組みに行事が飽きてきたころ、
b0003512_13525432.jpg
優勢に攻めていたもくもくが





ウッカリ手をついたw
b0003512_13543925.jpg
表情では完全に負けている雷坊が星を上げ、





悔しさに枕を濡らすもくもく・・・・
b0003512_13592635.jpg

猫相撲宇佐場所は、力士の休場ほとんどなしの年中無休。

たこぷーさんがトイレに貼ったあのかっちょいい番付表、
私も筆ペンで、ヘナチョコに書いてやるかな・・・。



ちなみに我が家ではおそらく、最高齢の行司が最強・・・・

御用とお急ぎで無い方は、
ニボシのお布施をお願いします~。


野良っちが食いっぱぐれてたら、
拾ってあげられなくても、せめてお接待してあげて~。

いつでも里親募集中

でも、できたら救ってやって~。




by hiroko_wada | 2017-05-19 14:12 | 猫猫猫犬 | Trackback | Comments(12)

朝露





b0003512_15132913.jpg
コンクリートに升を切って植えてある、裏の黒竹が・・・・





只今タケノコ大繁殖中。
b0003512_15155903.jpg
絶対あれ、一日に20cmくらいは伸びている・・・
50cmのくらいの升から、爆発するように広がっている・・・が・・・



・・・見なかったことにしよう。

あとはおいさん、頼んだぞ・・・・・



食べられるんだったら、率先して刈りに行くんだけどな・・・

御用とお急ぎで無い方は、
ニボシのお布施をお願いします~。


野良っちが食いっぱぐれてたら、
拾ってあげられなくても、せめてお接待してあげて~。

いつでも里親募集中

でも、できたら救ってやって~。




by hiroko_wada | 2017-05-18 15:25 | 立ち止まらせる風景 | Trackback | Comments(2)

黒猫は撮りにくい





明かりをつけていない室内で、いや、つけていても、
動き回る黒猫を写真に撮るのは、難しい。
b0003512_18514846.jpg
(大好きなワイルドライフを鑑賞中、ミーアキャットの視線の先を探す風衙。)

が、難しいからと言って、フラッシュを焚くのは嫌なのです。
扱いが下手というのもあるけれど、なんだかのっぺり、なんだか目が変、
ニンゲンでも向けられるとイヤだしな・・・・と。

なのでまあ大体において、私が撮る猫どもは暗い感じに写っていて、
b0003512_18562176.jpg
特に黒猫は何者か判然としない真っ黒い塊になるのですが、
ムリして撮りたいとも思わず、これまでやってきました。




が、



ちょっと前に黒riderに写ルンですで撮った昔ののりまきの衝撃写真を見せられ、
つい興味本位でフラッシュを焚いてしまったところ・・・・



とんでもないものが、映りこんでいたのです・・・・



何気ない、何の瞬間でもない、平和な室内の間接照明の影に、
それはいたのです・・・・
b0003512_19031991.jpg
お分かりいただけただろうか・・・・





ビカーーー!!!
b0003512_19043345.jpg
((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル



こののち、この場所にはシッコテロが続いたという・・・・
映し出された亡霊の仕業か・・・

・・・・・真相は、闇の中である。



のりまきという猫はそもそもタマシイが抜けていることが多いんだけれども、
黒riderの怪しいカメラテクが、更に絶妙におかしくしてしまっているのである。

御用とお急ぎで無い方は、
ニボシのお布施をお願いします~。


野良っちが食いっぱぐれてたら、
拾ってあげられなくても、せめてお接待してあげて~。

いつでも里親募集中

でも、できたら救ってやって~。





by hiroko_wada | 2017-05-17 19:17 | 猫猫猫犬 | Trackback(1) | Comments(5)