Tweet

種子島五泊六日の旅 Day 1









5年ごとに10日間、だったかな?
おいさんがもらえる、節目休暇。

本当は数年前にももらえる予定だったけれど、
大分事業部閉鎖のどさくさで忘れ去られてうやむやになり、かなり久々の取得。

とは言え本人の好きな時にくれるわけもなく、週1、2で関東方面出張が
途切れないおいさんの仕事の隙間をなんとかこじあけ、11月末に決まったのが9月くらいだったか。



11月末・・・
惜しい、佐賀インターナショナルバルーンは終わってる・・・

紅葉もほぼ終わってるな・・・・

まだ雪も降ってないだろうから、北の方行ってもな・・・

んじゃ南の島にでも? ビチコーで貝を拾うか。
 
・・・お行儀の悪い国の人々が押し寄せているとこには行きたくない。

あ、病院が無いと蜂窩織炎起こした時ヤバい。

じゃーもうちょっと鹿児島寄り。

あっ、出来たらフェリーに乗りたい!!!
トビウオとかイルカとかクラゲとか夜光虫とかっ。

フェリー乗れて、お行儀悪い奴が居なさそうで、
大きい病院があって、貝が拾えそうな綺麗なビーチのあるとこ・・・



( ゚д゚)ハッ! そうだ! ( ✧Д✧) キラーン!








宇宙クラスタ弟2号御用達、
種子島はどうだ?!
b0003512_10394135.jpg
と、まあそんな感じで早速弟2号に猫シッター伺いと共に尋ねたところ、
どうやら行く予定の初日はJAXAの種子島宇宙センター50周年記念の日らしく、
普段は入れないとこまでシャトルバスで行けるとのことで、仕事が無ければ弟2号も行きたかった様子。

なら代わりに行くかという事になり、種子島に決定。

が、3日前まで何にも用意してない・・・っていうか、
20日近く休むことになるおいさんは出張を詰め込まれてヨレヨレだし、
私はバルーンの後でフラフラだし、カメラのバッテリーは全部切れてるし、
お金もおろして来てなかったし、旅行鞄を出して来たら養生テープや折りたたみスコップ、
マスカーや養生シートやパラシュートロープがゴロゴロ出てきて、
いやもうホント何しに行くの!?って状態。

キャッシュカード使えんかもだぞ、田舎をなめるなwとriderに急かされて、
現金用意して荷物用意していつものコーヒー持って、
前日に弟2号夫婦にガイドブックまで持たせてもらって、
そこで種子島生活事情をようやく確認し、ちょっと青ざめる。


お食事処はほとんどの所で終日営業ではない。
しかもほとんどの店が不定休のロシアンルーレット。
更に、島の東側には1、2か所しか無い。

気軽に渡ろうとしていたお隣の屋久島には、
種子島からのフェリーは1日1便。 日帰り不可。
ウッカリ渡っていたら野宿になっていた・・・。

しかもここにきて、まさかの台風w
フェリーが欠航した時のことも考えておかねばならない。





が、結局無策です。
世の中そんなもんさ、フッ。





じっとり陰気な顔をして見送るもくもくを残し、夜通し走って鹿児島港へ。
b0003512_11415183.jpg







朝8時半にプリンセスわかさ乗船。
b0003512_11444905.jpg
おいさんがとにかくじっとしていない。



なんかひたすら撮っている。
b0003512_11451180.jpg




「今ここ!(嬉々」
b0003512_11460539.jpg
おまへは子供か・・・。





b0003512_11484624.jpg
指宿の開聞岳が見えてきた。





通り過ぎるまでずーっと見ていたけれども、
b0003512_11493567.jpg
クーラーボックスしか見えない岩・・・・
釣り人よ、いずこに・・・





そろそろ佐多岬・・・えっ?
b0003512_11504895.jpg
・・・・涅槃像って、仰向きもあるのか・・・。





イルカを発見するも、カメラを置いてて間に合わず。
b0003512_11524481.jpg
船舶照明とか船舶窓とかが欲しくてたまらない。





フェリーだと種子島まで3時間。
b0003512_11534167.jpg
高速船トッピーは1時間半。





私的お気に入り口永良部島。
b0003512_11572581.jpg
マンガのような噴煙を上げている。




で・・・・
種子島に着いたんですがね・・・・

種子島宇宙センターに直行したんですがね・・・・




夜出た時気温5度で、島着いたら28度で、しかもすごい炎天で日陰無しで、
シャトルバス乗るときにフラッとして大型バスの段差を踏み外して青タン作り、
濃厚な香水をつけた人の横になってライフゲージをゴリゴリ削られ、
これは降りて構内歩くどころではないと判断し、そのままシャトルバスで折り返し、
折り返し車内で今度は口臭攻めに遭い、元の広場に戻った時には瀕死の状態・・・。


せっかく来たのに写真撮れなかったので、せめて弟2号に50周年記念のなんかを!と、
おいさんが宇宙科学館まで行ってくれている間、私は広場に用意されたイスで、
出店の飲み物を買ってもらって、おや・・・あの人宇宙飛行士の油井さん・・・
おおー、10m先に油井さんだ、ハハハハ・・ハ・・・(° °)ってな感じで朦朧と待ってたんですが・・・・



3時から地元なんとかのステージが始まりますので、皆さま是非!!!とか言ってるのに、
出店が全部店仕舞いを始め、座ってる人をチラチラ見て急き立てつつ、
テーブルとイスをたたんで片づけていくという、驚きの島ルールを発動・・・。

なんて非情な・・・。



しょうがないのでフラフラのまま席を立って隅によけたところ、
赤塚不二夫が描くオデン串に似た揚げ物を、食べかけたまま席を追われたオッサンが横に来てしまい、
なんだか猛烈にシュールな光景が完成。


ちょっと脳裏で想像してみて欲しい。


広い広い、美しい芝生の広場に実物大ロケット模型が横たわり、ヤシの木がソヨソヨ。
特設ステージでは地元のフラダンスかなんかを始める準備中。
遠くにエメラルドグリーンの海。
周囲の建物は宇宙感満載。
そんな風景の中、ほぼ真夏の気温にも拘らず、暑苦しく晩秋の装いで立つアナタの隣には、
赤塚不二夫オデン串風揚げ物を両手に持ち、一眼レフ二台を首から下げ、大きなリュックと
ウエストポーチ3つを腰に巻いた、短パンが半ケツ気味にずり落ちてパンチラ状態のオッサン。




・・・思い出すだに・・・眩暈がします・・・。




もう何も見まい、考えまい・・・と、芝生でぼーっとおいさんの帰りを待ち、
逃げるように宇宙センターから退散。

種子島の出店ひどい・・・ひどいよ・・・
あそこに出店してた店、絶対本店舗も行かない#
暑い、帰りたい、芹に愚痴りたい! もくもく嗅ぎたい!

と、怒りながらJAXAを出て数10m。
いきなり左手が開けて、この光景が。
b0003512_12311661.jpg
・・・種子島・・・ステキング・・・(๑°⌓°๑)






着いて早々帰ると言い出しかねない状態の私をおいさんが心配し、
しばしここでぼーっとしな・・・とイスを出してくれて、島について初めて、やっと一息。
b0003512_12320010.jpg
・・・・帰るのやめた(ケロリ。

とりあえず一週間いよっと。





が、その後やっとこホテルについて荷ほどきしたとこで、ウォシュレットの故障が発覚。
すぐさま対応してくれて部屋を引っ越したけれど、到着半日にして、
次は何がwwwと身構える旅になった。 面白過ぎるぞ、種子島w

コッソリと端っこで参加中。
ワタクシごときへの御心付け、いつもありがとうございます。


野良っちが食いっぱぐれてたら、
拾ってあげられなくても、せめてお接待してあげて~。

いつでも里親募集中

でも、できたら救ってやって~。



by hiroko_wada | 2018-12-07 13:23 | 立ち止まらせる風景 | Trackback | Comments(4)

トラックバックURL : https://nekoaku.exblog.jp/tb/28950291
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by weeny_tiger at 2018-12-07 14:05
海の上、楽しそう…(^ ^)

船舶窓は、家を手に入れたあかつきに、どこかにはめ込みたいと思ています。
いつになるか予定もないですが…
しかし 既に、スクリューは入手済みですw

船ロマン〜♪

Commented by zao480 at 2018-12-08 00:18
わあー、海いいなあ、しかも暖かそう・・・(^^♪
種子島と屋久島~~憧れの島ですよ。
やはり長期予定しないと行かれませんねぇ。

夕方お嫁ちゃんのお母さん(鹿児島)と電話で話していたんですが
昨日まで半袖だったんですってね、すごいなあ。
こっちは明日また積雪です。
日本は長い!
Commented by hiroko_wada at 2018-12-08 10:19
*ioさん
ひっきりなしに船に会うのと、常に鹿児島か島かかが見えてるので退屈せん船旅でした。

>船舶窓
ギャーーーーー!いいなあいいなあ、是非設置して!
うちもつけたいと思ってたんだけれども、ああいうのは用意しておかんといざ建て始めてからでは色々雑事に追われて用意がままならんのです。
ところでスクリューは何に使うんwww
Commented by hiroko_wada at 2018-12-08 10:26
*zao480さん
種子島と屋久島迷ったんですが、屋久島はサルだらけと母が言ってたのを思い出し、サル居ない方にw

鹿児島にいる時だったら、高速船ですぐでも渡れると思いますよ。
レンタカーもそこら中に走ってました。
島も上から下まで1時間ちょいかな・・・でもzao480さんはそれでは済まないであろう地層がそこら中に剥き出しなので、余裕をもって行かないと泣きながら去ることにw

ちなみに大分もめっちゃ寒いです;;;
今朝は山に霧氷がついとりましたよう、ブルブルブル;;;

<< 種子島五泊六日の旅 Day 1 ジロリ。 >>